DeNAの左右中継ぎコンビがフリー打撃に初登板 三上&田中健

DeNAの左右中継ぎコンビがフリー打撃に初登板 三上&田中健

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2018/02/13

DeNA・三上朋也投手(28)、田中健二朗投手(28)が沖縄・宜野湾キャンプの13日、フリー打撃に初登板した。三上は倉本、白崎を相手に46球を投げ、力のある直球やスライダーを試し、「初めてのバッター相手に投げることに重きを置きました。試合感覚を思い出すイメージでしたが、意外に残っていました。1、2球を投げて思い出した」と表情を引き締めた。

田中健は中川大、乙坂に54球を投げた。テンポよく直球だけを投げ続け、「(中川)大志にスコスコ打たれちゃいましたね。まだ投げ始めなので1球1球確かめながら投げました」と今後の実戦登板へ向けて状態を上げていく。

近年は主に左打者へのワンポイントとしての登板機会が多かったが、「1イニングを目指して、勝ちパターンの一角として。右打者にもしっかり投げられるようにしたい」と力強く語った。

No image

ひと足早いバレンタインデーのケーキを贈られ、笑みを浮かべたDeNA・ラミレス監督(撮影・吉澤良太)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
エンゼルス主砲トラウト、大谷の「バッティングが楽しみ」全体キャンプ開始
住吉都さん死去 結城コーチ「悩んでいるというのは知っていた」
日本ハム清宮はフリー打撃再開へ前進「いい感じ」
【オリックス】春季キャンプ最多動員更新!ファンサービスの良さが実を結ぶ
【MLB】二刀流へ始動の大谷、米メディアは投手推し スプリット「おそらく球界最高」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加