アカデミー賞有力!『君の名前で僕を呼んで』受賞!原作のある脚本を表彰

アカデミー賞有力!『君の名前で僕を呼んで』受賞!原作のある脚本を表彰

  • シネマトゥデイ
  • 更新日:2018/02/13
No image

受賞した『君の名前で僕を呼んで』より - Sony Pictures Classics / Photofest / ゲッティ イメージズ

原作のある脚本を表彰する第30回USCスクリプター賞が発表され、4部門でアカデミー賞にノミネートされている映画『君の名前で僕を呼んで』の脚本を執筆したジェームズ・アイヴォリーと原作者アンドレ・アシマンが受賞を果たした。

同賞の受賞者は過去7年間にわたりアカデミー賞脚色賞を受賞しており、今年のジェームズの受賞も有力視されている。

テレビ部門では「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」の第1エピソード「オフレッド(原題) / Offred」を執筆したブルース・ミラーと原作者マーガレット・アットウッドが受賞。

功労賞を授与されたフランシス・フォード・コッポラは壇上で「脚色をした人なら誰でも知っているが、重労働を担っているのは原作者なのです」と原作者たちをたたえた。

The Hollywood Reporter などによると、今年のスクリプター賞の映画部門はノミネーションの段階から混戦し、通常の5作品ではなく7作品がノミネートされていた。(澤田理沙)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
岡田麿里、『さよ朝』初監督で得た「新鮮で貴重な体験」 ファンタジーへの憧れを実現
新体制ももクロの百田夏菜子、表現者としての挑戦
祝・金メダル!  羽生結弦出演映画『殿、利息でござる!』放送決定
復讐鬼と化した美少女...血まみれの山田杏奈!「ミスミソウ」予告&劇中カット
タトゥーに丸刈り!アカデミー賞候補者たちの意外な素顔
  • このエントリーをはてなブックマークに追加