10・28~東京国際映画祭、オープニング作品は“寅さん”に決定

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2019/07/12

国民的人気シリーズの22年ぶりの新作となる映画「男はつらいよ お帰り 寅さん」(山田洋次監督、12月27日公開)が、10月28日~11月5日に東京・六本木や日比谷周辺で開催される第32回東京国際映画祭のオープニング作品に決まったことが11日、分かった。

主人公・寅さん(故・渥美清さん)のおい、満男(吉岡秀隆、48)と初恋相手のイズミ(後藤久美子、45)のその後を軸に、寅さんの妹で満男の母、さくら(倍賞千恵子、78)ら登場人物の今を描く物語。山田監督は「一人でも多くの観客の“心の希望”となることを切に願います」とコメントを寄せた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ナタリー&スカヨハ登場!アンジーの姿も「マーベル」フェーズ4の作品発表
アベンジャーズがおじいちゃんに! 超リアルな姿に「最高」と大反響
女優、筒井真理子が語る「人生の不条理を知ることで強くなれる」
マイケル・ジャクソン10周忌 「友人の元少年」2人による性被害の告発に、全米が揺れている
映画実写版『キャッツ』予告編に「不気味」「トラウマになりそう」 酷評相次ぐ

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加