【ロサンゼルスモーターショー16】日産 ローグ、2017年型初公開へ...米版 エクストレイル

【ロサンゼルスモーターショー16】日産 ローグ、2017年型初公開へ...米版 エクストレイル

  • レスポンス
  • 更新日:2016/10/19
No image

ロサンゼルスモーターショーの主催団体は10月13日、米国で11月14日に開幕する同ショーにおいて、日産自動車が『ローグ』の2017年モデルを初公開すると発表した。

現行ローグは2世代目モデル。初代は独自デザインだったが、2013年9月に発表された2世代目は、『エクストレイル』の兄弟車として、米国でデビューした。ルノー日産が共同開発したコモン・モジュール・ファミリー(CMF)のプラットフォームを、初めて採用する。

現行ローグが今回、デビューから3年を経て、初の大幅改良を受ける。2017年モデルでは、内外装がリフレッシュされ、日産の米国最量販SUVの地位を、さらに強固なものにすることを目指す。

外観は、フロントマスクを中心に変更を受けた。新デザインの「Vモーション」グリルが装着され、表情を一新する。リアは、テールライトが「LEDブーメラン」仕様に。新デザインのアルミホイールが、足元を引き締めた。

内装は、フロントのセンターコンソールのデザインを見直し。ステアリングホイールは、D形の新デザイン。シート生地やトリムフィニッシャーも変更され、質感を引き上げる。

エンジンは、2.5リットル直列4気筒ガソリンを継続。最大出力170hp、最大トルク24.2kgmを発生する。トランスミッションは、エクストロニックCVTを組み合わせた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
アマゾンがKindle半額セール実施。プライムなら新Kindleが6割引3480円、Paperwhiteが5割引6980円など
ブレーキと間違えアクセル踏み込んでも急発進せず 「ペダルの見張り番」
日産、容赦なさすぎの「系列」完全解体完遂へ...最大の部品会社切り、IT企業と連携強化
ダイヤの次に硬い「タングステン印鑑」パナソニックが12月発売 蛍光灯製造技術を応用
2030年にメーカーの利益は半減...デロイトトーマツが自動車産業の行く先を予想した
  • このエントリーをはてなブックマークに追加