都立石神井vs都立三田

都立石神井vs都立三田

  • 高校野球ドットコム
  • 更新日:2017/09/17

壮絶な点の奪い合いは延長10回に決着!都立石神井が都大会進出を決める!

No image

喜ぶ都立石神井ナイン

秋季東京都高校野球大会一次戦、早稲田実グラウンドで行われた第1試合は、都立石神井都立三田。勝てば都大会進出が決まるこの試合は、今夏の予選で共に3回戦まで進出し、上位進出を狙う都立高同士の対戦となった。

一回戦は互いにコールド勝ちで突破し、この試合でも打ち合いになることが予想された。そしてその予想通り、試合は1回から動いた。

1回の表、都立石神井は2番佐藤のレフと前ヒットで先制すると、さらに二死満塁から木之下のセンター前ヒットで2点追加し、この回3点を奪う。

都立三田は、いきなり3点を追いかける展開になったが、その裏、二死一、二塁のチャンスを作ると5番の小原がライト前ヒットを放ち、すぐに1点を返す。

その後も、3回に3番横山のタイムリー、5回に木之下のこの試合2本目のタイムリーで同点に追いつくと、7回には代打、守谷が逆転タイムリーを放ち、遂に試合をひっくり返すことに成功した。

都立三田は先発の横山が6回までを投げ、7回からは背番号1の宮下が登り、逃げ切りを計るが、9回に宮下が突如乱れてしまう。二死満塁の場面でワイルドピッチで同点にしてしまい、さらに二死二、三塁から今度は暴投で、再びリードを許してしまう展開となってしまった。

逃げ切りに失敗し、追いかける展開となってしまった都立三田だったが、まだまだ諦めない。9回裏、変わったばかりの石井を攻めて一死一、三塁のチャンスを作ると、8番宮下のショートゴロの間にランナーが生還し、土壇場で同点に追いついた。

取られたらすぐに取り返す、壮絶な点の奪い合いは延長戦に突入したが、試合は思わぬ形で幕を閉じることになる。

10回の表、都立石神井は満塁のチャンスを作ると、7番木ノ下がレフト前ヒットを放つ。このヒットをレフトが後逸してしまい、バッターランナーの木ノ下もホームインし、4点差と一気に突き放した。

都立三田は、10回の裏に1点を返す粘りを見せたが、反撃はここまで。9対6で都立石神井が打撃戦を制して、都大会への進出を決めた。

試合後、都立石神井の山崎監督は「チームの持ち味の全力疾走でプレッシャーをかけることができた。」と力強く語り、都大会に向けては、「もう一度、守備を鍛えなおして、都大会も全力で戦いたい」と話した。

(文・写真=編集部)

注目記事

2017年秋季大会 特設ページ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
阪神二軍監督“解任”の掛布雅之氏が「金本を潰す!」と、他球団に怒りの売り込み
お前が打たなきゃ誰かが打つ。カープ黄金期を予感させる圧倒的な選手層
大谷翔平MLB移籍濃厚で女子アナが大焦り
情を捨てた緒方監督 連覇へ重圧背負った孤独な1年
菜乃花のカープ優勝グラビア、I乳が横へ下へはみ出てめでたすぎる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加