「うちの息子はたぶんゲイ」息子を温かく見守る母親目線の家族物語、トークイベも

「うちの息子はたぶんゲイ」息子を温かく見守る母親目線の家族物語、トークイベも

  • コミックナタリー
  • 更新日:2019/08/22

おくらの単行本「うちの息子はたぶんゲイ」1巻が、本日8月22日に発売された。

No image

「うちの息子はたぶんゲイ」1巻

「うちの息子はたぶんゲイ」は夫が単身赴任のため、2人の息子と3人暮らしをしている母・知子の視点で描かれる家族コメディ。長男の浩希はおそらく男の子のことが好きで、家族にはそれを隠そうとしているけれど、嘘がつけない性格のためバレバレなときも。知子はそれになんとなく気がついているが、息子には何も言わず、「うちの息子はたぶんゲイで、素直でとってもかわいいのだ。」と彼を温かく見守っている。著者がSNSで発表していた作品が、好評を博して単行本化。ガンガンpixivで連載もスタートした。1巻には「ヒロキの小さい頃のお話」「お母さんが『息子のこと』に気づいたエピソード」など、50ページ以上が描き下ろされている。

なお東京・阿佐ヶ谷ロフトAでは、8月25日におくらのトークイベントを開催。ゲストに紫原明子、加藤悠二、みぞぐちてつやを迎えて、作業風景や作品の裏話などを語る。「うちの息子はたぶんゲイ」1巻を持参すると、サインを入れてもらうことも可能だ。チケットはイープラスにて発売中。

「うちの息子はたぶんゲイ」1巻発売記念トークイベント

日時:2019年8月25日(日)12:00開場、13:00開演
会場:東京都 阿佐ヶ谷ロフトA
料金:前売1800円、当日2300円(飲食代別、要1オーダー)
出演:おくら、紫原明子、加藤悠二、みぞぐちてつや

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

漫画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
チート魔力を持って生まれ変わった、超善人のSSSランク人生描くファンタジー
闇堕ち勇者が復讐無双、「復讐を希う最強勇者は、闇の力で殲滅無双する」1巻
ひきこもりマンガ家と編集者が一緒にご飯「ジェイソン先生とおいしい食卓」1巻
藤堂裕が贈る、愛すべき“あどにゃーら”の青春グラフィティ「由良COLORS」完全版
死んでしまった最愛の彼女が起き上がる?京都舞台のダークファンタジー1巻
  • このエントリーをはてなブックマークに追加