ハリルもわかっているはず。川崎F・大島僚太の代表復帰は必然である

ハリルもわかっているはず。川崎F・大島僚太の代表復帰は必然である

  • Sportiva
  • 更新日:2017/09/22

W杯出場を決めた今、代表で試してほしい選手(3)

大島僚太(MF/川崎フロンターレ

まるで猟犬のように全速力で襲いかかり、相手の足からボールが少しでも離れれば、「ガシッ」という音が聞こえてきそうな勢いで身体を割り込ませ、ボールを奪い取る――。

こう書くと、ガンバ大阪のMF井手口陽介や、セレッソ大阪のMF山口蛍のプレーを描写しているようだが、こんなボール奪取を今、頻繁に見せているのが、川崎フロンターレが誇るプレーメーカー、大島僚太だ。

No image

今や攻守において際立った活躍を見せている大島僚太

「僚太の守備は、凄いよ。どんどんよくなっているよね」

新人の頃から見守ってきた中村憲剛も、後輩への称賛を惜しまない。さらに言えば、大島の成長による恩恵を大きく受けているひとりは、他でもない中村自身でもある。もうすぐ37歳になる昨季のJリーグMVPが、後ろ髪をひかれることなく、トップ下のプレーに専念できるのも、ボランチのポジションを安心して大島に任せることができるからなのだ。

「どんどんよくなっている」と中村が言うように、大島の守備力は今シーズンに入って突然、急激に伸びたわけではない。

もともと爽やかな笑顔とは裏腹に、大島は”超”がつくほどの負けず嫌いである。

「誰に対しても『負けたくない』っていう感情がすごく芽生える。ヘディングが弱いって思われるのも嫌だし、守備ができないって思われるのも悔しい。それに、できないことがあって『悔しい』って思う感情が(自分にとって)一番の活力になるんですよ。めげることを知らないのか(笑)」

それゆえ、ボランチとして安定したプレーを披露できるようになってきたここ数年は、いかにボールを奪うかを強く意識してきた。

ヒントになったのは、チームメイトだった元日本代表ボランチである。

「間近で見ていて、すごいなって思ったのが、イナさん(稲本潤一/現コンサドーレ札幌)。あの頃、フロンターレって、なかなかボールを奪い返せなかったじゃないですか。そういうの、なんとかしたいなって思っていたんですけど、イナさんだけはガッと寄せて(ボールを)取り切っていた」

相手ボールになった瞬間、自分のポジションを空けてでもアプローチして、ピンチの芽を摘み取ってしまう。そのボール奪取力と危機察知能力は、明らかに自身にはないものだった。それ以降、感覚やタイミングを見よう見まねで取り入れてきた。

「(試合で)対戦したり、テレビで見たりしていて、(山口)蛍くんもすごいと思いましたね。イナさんと似ているんですよね。うちのチームなら、エウソン(エウシーニョ)。スッと足を伸ばして奪い取ってしまう。ああいうの、見習いたいと思います」

こうした取り組みが実を結び、大島の明確な武器になったのは、昨シーズンあたりだろうか。鬼木達新監督を迎えた今シーズンは、もはやプレーメーカーの枠にとどまらない、総合力の極めて高いセントラルミッドフィールダーとして中盤に君臨している。

そこで、ハリルジャパンである。「デュエル(球際での強さ)」や「ボール奪取」が重視されるハリルジャパンでは今、プレーメーカータイプより、井手口や山口のような猟犬タイプのMFが重用されているが、ボールを動かす能力が不要なのかと言えば、そんなことはないだろう。

「プレーメーカータイプ」か「猟犬タイプ」か、ではなく、理想は「どちらも」。ワールドスタンダードで言えば、アンドレス・イニエスタ(バルセロナ/スペイン代表)も、ルカ・モドリッチ(レアル・マドリード/クロアチア代表)も、アルトゥール・ビダル(バイエルン/チリ代表)も、ラジャ・ナインゴラン(ローマ/ベルギー代表)も、ボールを自在に扱いながら、ボールを回収する能力にも長けている。

大島もまた、「どちらも」備えたユニバーサルなミッドフィールダーに成長を遂げた。

スタメンに抜擢された昨年9月のロシアW杯アジア最終予選のUAE戦以来、ここまで出場機会はなく、昨年の10月シリーズを最後に約1年間、日本代表からも遠ざかっている。

だが、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督はその後も何度か、「大島は挨拶がない」と口にしている。指揮官にとってみれば、シャイな性格が歯がゆくて仕方がないのだろう。しかし、戦力として考えていなければ、その能力に期待していなければ、名前を出すこともないはずだ。

ここで推薦するまでもなく、おそらく10月のキリンチャレンジカップや11月の欧州遠征のメンバーリストの中に、大島僚太の名前はあるだろう。もし、なかったら……そのときは、ハリルホジッチ監督に、疲れ目に効く目薬でもプレゼントするしかない。

■W杯出場を決めた今、代表で試してほしい選手(1) 大谷秀和(MF/柏レイソル)>>

■W杯出場を決めた今、代表で試してほしい選手(2) 安部裕葵(FW/鹿島アントラーズ)>>

■サッカー代表記事一覧>>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「むっちゃうまい」 日本代表MF乾貴士が驚嘆、「なんでもできる」日本人選手とは
この悔しさを成長の糧に...MF喜田陽が無念のPK失敗(8枚)
『大食い王』もえあず敗れる歴史的混戦も 照英の「選手煽り」に批判殺到
ハリル監督、槙野と遠藤を絶賛「スーパーな試合」浦和ACL決勝進出
限界突破の力走...MF鈴木冬一は左SBで攻守にフル回転(4枚)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加