Tissot『Tradition Automatic Open Heart』は最初に手に入れる機械式時計としても最適なハイコスパモデル

Tissot『Tradition Automatic Open Heart』は最初に手に入れる機械式時計としても最適なハイコスパモデル

  • @DIME
  • 更新日:2016/12/01

機械式時計とは、精密なパーツが組み合うことで時間という概念を作り出す〝機械〟。その規則的な動きは“心臓の鼓動”にも例えられ、シースルーバックであれば時計の内部を覗くこともできる。さらに、いつでもどこでも鼓動を感じていたい人のために、ダイヤルに小窓を設けて、表側からもムーブメントを見せるために生まれた時計が〝オープンハート〟だ。

No image

Tissot Tradition Automatic Open Heart
価格:8万8560円
文字盤カラー:シルバー、ブレス:レザー

Tissot Tradition (ティソ トラディション)は、1950年代を思わせるカーブを描く優雅なケースや伝統的な大麦柄のギョシェ彫りを施したコレクション。ここに同コレクションとしては始めて、ダイヤルに小窓を開けた『Tissot Tradition Automatic Open Heart(ティソ トラディション オートマティック オープンハート)』が加わった。

12時位置の小窓でアピールするのは、およそ80時間駆動の高精度ムーブメント“Powermatic 80”。この精密な心臓部の動きをきちんと見せるため、地板にはスケルトン加工を施した。さらに小窓部分も含めて完璧なシンメトリーなダイヤルにするため、カレンダーを排除。ダイヤルの円模様と小窓の外周を重ね合わせることで端正な佇まいが完成した。さらに、バランスの良い直径40mm、実用的な厚さ9.4mmの薄型に仕上げたケースサイズが着用感を高めている。以上の要素により、洗練された上品なデザインとバランスの取れたサイズ感が着用シーンを選ばないデイリーユースを実現したのだ。

1853年創業の老舗スイスブランドが作る伝統的なスタイルに、実力派ムーブメントを搭載し、時計の鼓動を見せるというモダンなデザインを加えた『Tissot Tradition Automatic Open Heart』は、世代やシーンを問わず、幅広いユーザーに選ばれる新たなスタンダードウオッチとなるはず。ボーナスの欲しいものリストに加えてみてはいかがだろうか。

No image

価格:8万3160円文字盤カラー:ブラック、ブレス:レザー

No image

価格:8万8560円文字盤カラー:シルバー、ブレス:SS

関連情報

http://www.tissotwatches.com/ja-JP/

文/編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
1万4千円の婚約指輪を店員に笑われ......花嫁の返答が話題に
「この老夫婦、40年前の姿が想像できたら神だと思う...」孫が見たら仰天しそうな写真
その手があったか!「コンドームエッチ」で気持ち良くなる方法3つ
【嘘だろ】この美女に「衝撃的な真実」が隠されていると話題に!信じられない
史上最強の消防車「ビッグウィンド」はロボットアニメ顔負けのデザイン...湾岸戦争などで活躍
  • このエントリーをはてなブックマークに追加