最新ランキングをチェックしよう
舞台は遺影専門の写真館「鏡影館」がある街。道尾秀介にしか描けない世界観の壮大な長編ミステリー『風神の手』発売を記念したTwitterキャンペーンも

舞台は遺影専門の写真館「鏡影館」がある街。道尾秀介にしか描けない世界観の壮大な長編ミステリー『風神の手』発売を記念したTwitterキャンペーンも

  • ダ・ヴィンチニュース
  • 更新日:2018/01/12

『風神の手』(道尾秀介/朝日新聞出版)
 道尾秀介氏の最新刊『風神の手』(朝日新聞出版)が2018年1月4日に発売された。
 彼/彼女らの人生は重なり、つながる。隠された“因果律(めぐりあわせ)”の鍵を握るのは、一体誰なのか――。遺影専門の写真館「鏡影館」がある街を舞台にした、朝日新聞連載の「口笛鳥」を含む長編小説。読み進めるごとに出来事の〈意味〉が反転しながらつながっていき、数十年の歳月が流れて

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
カルディの失敗。なぜ「KALDI」印の商品は買う気を無くすのか?
ガラス製の彫刻を壊した5歳児の親、1400万円請求される
【非常事態発生】大阪地震の強烈すぎる動画が複数公開される / 通勤時間で多数の人がスマホで高画質撮影
大阪の震度6弱地震、犠牲者も...、台湾ネットから「すぐに支援を!」の声
大阪地震でも出社するサラリーマンたちに「日本の闇」「社畜」と不安の声
  • このエントリーをはてなブックマークに追加