レアル ついにベイルを放出か

レアル ついにベイルを放出か

  • スポルト
  • 更新日:2017/11/14
No image

負傷を理由に議論の的となっている

レアル・マドリードはガレス・ベイルの度重なる怪我に対して、我慢の限界に達したようだ。『As』は彼らが来夏に向けてベイルの後釜を探すだろうと報じた。

1億100万ユーロ(約134億円)の移籍金を支払ったベイルの獲得は日を追うごとに失敗だったという印象が強まっている。同紙は昨夏の移籍市場でモラタを引き止める代わりにベイルを残した事について言及し、その判断は失敗だったと断言している。そして夏の市場に向けた彼の後釜候補のリストには多くの選手の名が挙がっているという。

そのリストには昨夏、PSGに移籍したばかりにも関わらず移籍金2億ユーロ(約267億円)のキリアン・ムバッペの名が上位に挙がっている。
その他にマドリーはハリー・ケイン(トッテナム)、ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン・ミュンヘン)、パウロ・ディバラ(ユベントス)、エデン・アザール(チェルシー)らの動向も追っているという。
前述した全ての選手が各々のクラブのビッグスターであるため、いずれにしても交渉をまとめるには困難必至となるだろう。

現時点で今シーズンのベイルの人気がどうなるかは不透明である。
ベイルはユーロ2016でウェールズ代表と共に輝かしい活躍を収めたが、彼の度重なる怪我は彼をガラスのフットボリスタの呼び名にふさわしい人物へと変えてしまった。

いずれにしても、フロレンティーノ・ペレスと幹部達はプレミアリーグのビッグクラブが再びベイルをイングランドでプレーさせるために抱く関心に希望をかける事になるだろう。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ブッフォン、試合後に脱いだショーツを観客席へ投げ込む
酒井宏フル出場もマルセイユは劇的ドロー、GL突破は次節に持ち越し(4枚)
オーウェン氏、騎手デビュー戦で2着「馬がとてもよくやってくれた」
グリエーズマンの芸術ボレー!アトレティコがローマ撃破でGL突破に望みつなぐ(12枚)
天才バッジョを次々と襲った悪夢と逆風 失意を希望に変え続けたファンタジスタの輝き
  • このエントリーをはてなブックマークに追加