渡部暁斗が銀!メダルに安堵も金逃し「悔しさ半分」

渡部暁斗が銀!メダルに安堵も金逃し「悔しさ半分」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/02/14
No image

後半距離、優勝のフレンツェルに追いつけず悔しがる渡部暁(撮影・黒川智章)

<ピョンチャン五輪:複合>◇14日◇個人ノーマルヒル

世界ランキング1位の渡部暁斗(29=北野建設)が、2大会連続の銀メダルを獲得した。

フラワーセレモニーでは自身の名前がコールされると両手でガッツポーズ。だが、金メダルを宣言していたとあり、セレモニー後のインタビューではうれしさ半分悔しさ半分といった様子だった。「メダルを取れてホッとしているのが半分、自分が目指しているところにたどり着けなかったという悔しさが半分だった。様子を見ながら体力を残して最後あそこで(スパートをかけて)来るのは僕でも分かっていた。完敗かなと思います」。

前半飛躍で105・5メートルを飛んで123.7点をマークし3位。後半距離(10キロ)はトップと28秒差の3番目にスタートした。4km付近で前大会覇者フレンツェルらのトップ集団を捉えると、首位フレンツェルとのタイム差はほとんどない残り1kmで渡部暁が2番手に浮上。コース終盤の急激な上り坂でスパート合戦になったが、渡部暁は置いて行かれる。巻き返し及ばず、2大会連続の2位フィニッシュとなった。

「(前回大会の)4年前はノーマルヒルが終わって『銀メダルが取れてうれしい』と若干気持ちが切れていたと思う。(今大会は)金メダルを取りに来ると自分で宣言しているので、気持ちを切らさずに頭を切り換えてラージヒルと団体でメダルを取れるようにベストを尽くしたいです」と前を向いた。

優勝はフレンツェルが同種目2連覇を飾った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
カーリング女子 勝負を決めた藤沢五月の「悪女の誘惑」
2043年生まれの未来人、第三次世界大戦が始まると警告!その発端は・・・
東京マラソン、キリストの人出場不能になっていた衝撃の理由は・・・
辺見えみり、再び離婚報道で「別れて正解」と夫に同情の声
間違ったひとりHはセックスでイケなくなるって本当?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加