『人喰いの大鷲トリコ』カウントダウンwebCMを5日連続で公開...ファンと7年の時間が交差

『人喰いの大鷲トリコ』カウントダウンwebCMを5日連続で公開…ファンと7年の時間が交差

  • インサイド
  • 更新日:2016/11/30
No image
No image

ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアは、PS4ソフト『人喰いの大鷲トリコ』の発売カウントダウンwebCMを、2016年12月1日から5日間連続で公開すると発表しました。

『ICO』に『ワンダと巨像』と、独創的な雰囲気を持つゲームを生み出し高評価を博したゲームデザイナー・上田文人氏による待望の最新作となる『人喰いの大鷲トリコ』。2009年に制作が発表され、一時期は制作中止も噂された本作が、いよいよ12月6日に発売を迎えます。

No image

発売のカウントダウンを行う今回のwebCMは、本作のリリースを待ち望んでいる様々な人たちの想いを描きながら、発売日までの5日間、毎日公開されます。サラリーマン、夫婦、外国人やコンビニ店員といった様々な人たちが登場。それぞれにとっての7年という期間と本作の発売が交差する映像になっており、待ち続けた人ほど感慨深さを感じられるかもしれません。発売日を楽しみにしつつ、12月1日から始まるカウントダウンCMをチェックしてみましょう。

■人物のリアリティを描くため、人物描写に定評のある松岡錠司監督を起用

本webCMでは、実際に待ってくださっているユーザーのみなさまの気持ちに寄り添うことを目的として制作されました。その目的から、映画「東京タワー オカンとボクと、時々オトン」や「深夜食堂」シリーズなど温かい情景と優れた人物描写で知られる松岡錠司監督を起用しました。

松岡監督は「7年間待ち焦がれてきた人々の『トリコ』発売に対する感慨は計り知れないものがあると思います。待ち続けた誇り高き市井の人々の心情の一面を丁寧に描写すること。その作業に腐心しました」と本webCMについて述べています。また、あえて映画とwebCMとで制作手法を変えた点としては「ひたひたと迫り来る発売日への人々の静かな熱情を、(映画とは違って)30秒という刹那の時間だからこそ生まれる滋味で彩ったつもりです」とポイントを語っています。

■『人喰いの大鷲トリコ』カウントダウンwebCMについて

12月1日(木)より毎日日替わりでwebCMを公開していきます。第一弾は「『人喰いの大鷲トリコ』カウントダウン あと5日。ある会社員の場合篇」です。同僚とともに街を歩く途中、『人喰いの大鷲トリコ』のポスターを見つけた会社員。長年待ったファンだからこその一言を、ドラマティックに描きます。

No image

『人喰いの大鷲トリコ』は2016年12月6日発売予定。価格は、通常版・初回限定版・ダウンロード版が6,900円(税抜)です。

(C)Sony Interactive Entertainment Inc.

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「君の名は。」の新海誠監督に意外な過去―中国メディア
「KONAMIがSILENT HILLSを中止したのはバカなこと」 ギレルモ・デル・トロ監督がツイート
アニメ史上最も「悲惨なバッドエンド」を迎えた作品ランキング
美人コスプレイヤー20選!東京コミコン潜入リポート
池内博之の中国大作出演続く、ジャッキーと共演も
  • このエントリーをはてなブックマークに追加