「Popteen」からレースクイーンに転身 宮本りおの素顔に迫る

「Popteen」からレースクイーンに転身 宮本りおの素顔に迫る

  • モデルプレス
  • 更新日:2019/11/10

【モデルプレス=2019/11/10】「D’STATIONフレッシュエンジェルズ」に所属し、「サンスポ・レースクイーン AWARD2019」で準グランプリを獲得したレースクイーン・宮本りお(21)が、モデルプレスのインタビューに応じた。

No image

(写真 : 宮本りお(C)モデルプレス)

【さらに写真を見る】ニットから美谷間がちらりとのぞく宮本りお

◆宮本りお、レースクイーンになったきっかけは?

― まずはレースクイーンになったきっかけを教えて下さい。

宮本:元々、中学生の頃に芸能活動をしていたんですけど、高校に入って一旦芸能活動を辞めて、普通に高校生活を送ってました。それで、高校3年生になって将来について考えて、もう1回芸能活動と向き合いたいと思って、卒業してすぐにレースクイーンになりました。小さい頃から車が大好きで、将来車関係の仕事に就きたいと思っていたので、車関係+芸能界で一致するお仕事といえば、レースクイーンじゃないかなと思ってこの業界に入りました。

― 具体的に“レースクイーンになった”背景は?

宮本:前の事務所はモデルの事務所だったので、レースクイーンになる為に辞めて、自分でレースクイーン関係の事務所に「レースクイーンやりたいです」って応募して、入りました。

― サーキットの外から見ていた側から、見られる側になってみて、ギャップはありましたか?

宮本:中学生の頃に初めて親とサーキットに行ったのですが、その時はレースクイーンさんってずっと笑顔で、キレイだなあ、楽しそうだなあと思っていました。ですが、いざ業界に入ってみると、めちゃくちゃ辛くて(笑)。夏はむちゃくちゃ熱いですし、冬場は唇が真っ青になるくらい寒い、でも笑顔を貫かないといけないので大変なんですけど、でも大変の中にも楽しいところはいっぱいあります。

― 「レースクイーンをやっていて良かった」と思う瞬間を挙げるとしたら?

宮本:表彰台に登った時に、ピットの中で皆さんとハイタッチした瞬間が本当に嬉しかったです。あと、私のチームはレースクイーンと、アイドル活動もしているのですが、サーキットと私の誕生日が重なった日があって、歌っている時にその限定で、私の誕生日バージョンでコールをしてくれて、その時は嬉しくて涙を流してしまいました。

◆宮本りお、レースクイーンならではのメイク術

― そうやって観られる立場が多い宮本さんの“美の秘訣”を教えて下さい。

宮本:1度芸能界を辞めていた時は、本当に食べたいもの、飲みたいものを飲んでいたのですが、レースクイーンを始めてからは、1日に1.5リットル水を毎飲むように心がけています。後、日焼けがすごいので、冬でも夏でも1日1個はキウイを食べるようにしています。

― キウイが日焼けに良いんですか?

宮本:調べたら、フルーツの中で1番美白効果が高いと分かったので、スーパーで買いだめして、1日1個は食べるようしてます。

後は……レースクイーンならではなのですが、レース中はメイク直しが出来ないぐらい忙しいので、崩れにくいメイクを勉強しています。これだったらメイク崩れしない、こういうメイクの仕方だったら長持ちするとかを研究していて、そういう部分はモデルさんや、普通の女の子と違う部分だと思います。

― 例えばどういう方法があるんですか?

宮本:私が1番気を付けているのは、ベースを塗って、ファンデーションを塗って、お粉をする前に、1回コットンに水を含ませて、パンパン叩いてから、お粉をつけるようにしています。そうすると、本当にメイク崩れしにくくなるんです。

◆宮本りおの“夢を叶える秘訣”

― 「Popteen」のモデルとして活動し、今はレースクイーン、今後の展望は?

宮本:私は興味津々すぎるので、色んなことに挑戦したいです。マルチタレントとして女優のお仕事もやったり、テレビのお仕事もやったり、モデルもやったり、グラビアをやったり…。色んなお仕事をして、いろんな力を身に着けて、どの業界でも活躍できるようにしたいですね。

― 最後に宮本さんの“夢を叶える秘訣”を教えて下さい。

宮本:私は夢のために、自分が「こうなりたい」「これやりたい」思ったらすぐ行動するようにしています。中学時代「Popteen」も、スカウトじゃなくて、自分から行動してます。雑誌の裏のアンケート用紙に「写真を貼ってください」ってあって、本当は1枚なだけなんですけど、どうしても「Popteen」に載りたくて、至るところにプリクラや写真を貼ったりして、向こうの気をなんとか引けるようにアピールして、それで呼んでいただけました。その後も、撮影現場でも「こういう洋服が着てみたいです」「こういうふうに撮って欲しいです」とか言葉に出して伝えるようにしていました。

― 先程もお話し頂いたようにレースクイーンになる時も、自分から動いてますよね。

宮本:レースクイーンになるときも、自分でGoogleで「レースクイーン 強い事務所」「レースクイーン 事務所」って調べて、自分から電話して「今レースクイーンをやりたくて悩んでるんですけど、1回そちらに伺って話を聞きたいんですけど、いつ空いてますか?」って。

― すごい行動力ですね。

宮本:とにかく自分から行動して、今夢が叶っています。何か夢がある、憧れの人がいるなら、絶対に自分から行動した方がいいと思いますし、その場で行動しないと次にチャンスは訪れない。検索したら必ず何かひっかかるので(笑)!

― このご時世、確かにそうですね(笑)。

宮本:携帯があればできちゃうので、すぐ行動するのが良いと思います。

― ありがとうございました。

(modelpress編集部)

■宮本りお(みやもと・りお)プロフィール

生年月日:1998年8月3日

出身:千葉県

身長:165cm

趣味:アニメ鑑賞、ダンス

【Not Sponsored 記事】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
沢尻エリカ、クラブでガン踊り動画がネット流出! 疑いを向けられる“親友”
結婚したはずなのに!? 坂口杏里「彼氏いらない」発言にネット民が猛ツッコミ
沢尻エリカの親友・片瀬那奈の“言葉”に違和感「無理あるでしょ笑」
マギー、スカートから覗く太ももに熱視線 「パンツ見えちゃう...」
「嵐・二宮和也へのプレゼント」写真が削除! 武田双雲氏、「綾子様」の書にファン大混乱
  • このエントリーをはてなブックマークに追加