新型iPhone XS Max、「1台16万円超」にアップル信者もドン引き

新型iPhone XS Max、「1台16万円超」にアップル信者もドン引き

  • Business Journal
  • 更新日:2018/09/14
No image

新型モデルの発表があるたびに、世間の耳目を集める「iPhone」。今年も“アップルファン”の期待に応えるような新型iPhoneが発表され、大きな話題となっている。

日本時間9月13日に米アップルが開催したスペシャルイベントにおいて、新型iPhoneの詳細とスペックが明らかになった。今回、新たに発売されるのは「iPhone XS」「iPhone XS Max」「iPhone XR」の3種類。

サイズ感は、昨年発売の「iPhone X」とほぼ同じだが、防水機能やカメラ性能、Face IDの認証スピードといったあらゆる要素が進化を遂げている。「iPhone X」は容量が64GBと256GBの2タイプしかなかったのに対し、「iPhone XS」と「iPhone XS Max」には512GBのモデルが存在するのもポイントだ。

スマホ内に大量のデータを保存するユーザーからは、「256GBだと少し物足りなかったから、容量の2倍化は素直に嬉しい」「ストレージが512GBまで選べるようになったとは、いよいよiPhoneの容量も化け物じみた数字になってきたな」「これだけグレードアップすれば、スマホデータの空き容量を気にするストレスから解放されそう」などと、歓迎する声が相次いでいる。

だが、性能面で大きく進化した一方で、「あまりにも高すぎる」と批判する人も少なくない。「iPhone X」の発売価格は、64GBモデルが11万2800円、256GBモデルが12万9800円という高額設定だった。それが今回の新型iPhoneでは、さらに上昇した。

「iPhone XS Max」は、64GBモデルが12万4800円、256GBモデルが14万1800円となっている。512GBモデルにいたっては16万4800円で販売されるため、ネット上では「アップル信者の自分でも、この金額はさすがに引くわ」「このペースなら2年後には20万円のiPhoneが出てきそう」など、値段に対する反響が大きい。

2015年に発売された「iPhone 6s」の128GBモデルが6万1800円だったことを考慮すると、iPhoneの価格はここ数年で急激に高くなっているようだ。

新型iPhone は9月21日以降に順次発売されるが、果たして人気モデルとして定着できるのだろうか。しばらく動向を注視したい。
(文=編集部)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Appleカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
iPhone XS/XS Max予約した?Apple Storeではまだ発売日に手に入るモデルあり
新iPhoneに買い換えるべきか、スルーか見極めのポイントはココ!
「iPhone XS Max」の画面はどれだけデカイ? 大きさ比較三番勝負
世界各地に新iPhoneとApple Watchを待つ行列、表参道でも
  • このエントリーをはてなブックマークに追加