小栗旬 二階堂ふみからの役者魂称賛も「勉強不足な自分が無茶した結果」

小栗旬 二階堂ふみからの役者魂称賛も「勉強不足な自分が無茶した結果」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2019/09/14

俳優の小栗旬(36)が主演する映画「人間失格 太宰治と3人の女たち」(監督蜷川実花)の公開記念舞台あいさつが14日、都内の映画館で行われ、小栗のほか、共演の沢尻エリカ(33)、二階堂ふみ(24)、俳優の千葉雄大(30)らが登壇した。

No image

映画「人間失格 太宰治と3人の女たち」公開記念舞台あいさつに登壇した(左から)二階堂ふみ、小栗旬、沢尻エリカ

同作は天才作家・太宰治の愛の遍歴を史実に基づいて描く物語。今だから言える撮影の裏話をする中で、小栗が役作りで取り組んだ減量の話に。二階堂は太宰の最後の女・富栄を演じており、その姿を近くで見届けた。「小栗さんがガリガリに痩せていかれて、最後のシーンはものすごいこけてらっしゃったんですけど、なんかスタッフの方がバタバタし始めて、どうも痩せすぎていて足が動かないみたいで…。塩水を作って足をつけていたのを見た時に、小栗さんの役者魂を感じた」と感服した。

それでも、小栗は「あれはでも、僕の最後の最後に減量ミスですね。塩分がなくなっちゃって、脱水症状になっちゃった」とキッパリ。二階堂が「カリッカリになっていて、触った感じも全然違くて…後から聞いたら私は『ふん!』って(動かす)やるたびに、小栗さんのいろんな筋肉がつりそうになっていたと聞いて…申し訳ないことをしたなって」と苦笑いを浮かべると、小栗は「減量は15、6キロ。そのシーンは60キロだった」とし、「もう少しちゃんと計算してそこにたどり着いていれば良かったんですけど、最後の最後でガツンと落としてしまって…。ちょっと無理な減量してみたら、やっぱり体に来ちゃった。あれは勉強不足な自分が無茶した結果だったな。本当に全部つっちゃうからすみませんってなって…」と明かした。

そんな小栗の姿に、蜷川実花監督(46)も「日に日に細くなっていくし、どこまで持つんだろうって思った」と本音をもらしつつ、「ギリギリのところでみんなやってたので、それが画に映ってる」と自信を見せた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
森咲智美「27歳のJK姿」がハレンチすぎる!
「友近こそ吉本を辞めてほしい」「問題児扱い」...社内で最悪の評判 松本人志との確執も
『笑点』、視聴者離れが止まらない? 原因は「バラエティ化」とあの出演者か
内田有紀、2度目の挑戦で「全力で甘えさせて頂きました」
佐野ひなこ“おっぱいアピール”大量増加に大興奮「鼻血もんですわ」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加