「僕の精子あげようか?」セクハラ当たり前の職場が一変した理由

「僕の精子あげようか?」セクハラ当たり前の職場が一変した理由

  • 女子SPA!
  • 更新日:2018/01/14
No image

最近、社会全体の反セクハラ意識が高くなってきたとはいうものの、まだまだ横行している企業もあるようです。

佐藤美香さん(仮名・24歳)の会社も、最近までセクハラが当たり前のひどい状況でした。ですが、今はとてもクリーンだとか。一体なにがきっかけで変わったのか、その顛末を聞きました。

◆耐えられない暴言マネージャー

「新卒で入った会社は、中規模の出版社でした。長年働いている中年男性ばかりで、セクハラという概念さえなくって、『胸のカップいくつ?』『寝不足? 朝帰りでしょ』といった発言はデフォルト。私は元々ガールズバーで働いていたこともあったので、軽く受け流していたのですが…」

良くも悪くもセクハラ慣れをしてしまっていた佐藤さん。それでも耐えられなかったのが、経営企画室のマネージャー(47)だったと言います。

「衝撃的だったのは、飲み会の席で人工授精のニュースが話題になったとき。40代独身女性に向かって『子供が欲しいなら、僕の(精子)あげようか? でも、人工授精は味気ないなあ。どうする?』と言ったんです」

その企業に20年勤め、セクハラ文化に適応していたその女性も、さすがに頬をひきつらせたそう。

「軽い冗談のようなセクハラでもNGなご時世に、こんな気持ちの悪い発言をする人がいるなんて…と驚きました。

他にもそのマネージャーは『今日、電車でおばさんに股間触られたんだよね。俺大きいからなぁ』『いまだに夢精するんだけど、どうすればいいと思う?』などと口にするんです」

◆仕事で意見が対立したら“生理前のイライラ”扱い

佐藤さんも、このセクハラマネージャーからこんな暴言をはかれたとか。

「ある日会議でちょっとした口論になったんです。最終的には私の意見が通ったのですが、会議室を出るとき『佐藤さんの“月の周期”が分かってきたよ』と言われたんです。つまり、生理前だからイライラしていると。悔しくて、トイレで泣きました」

そのことを直属の上司に告げても、セクハラがまかり通っている会社では特に問題視されなかったことにも腹が立ったといいます。しかし、あることをきっかけに社内が一変したのです!

◆上場が決まって社内ムードが変わる中、社長に直訴

「うちの会社が、上場準備をすることになったんです。タイムカードや残業時間の管理、契約書の精査などコンプライアンス面で一気に厳しくなって、社内のセクハラも経営陣の中で問題になりました」

コンプライアンス遵守(じゅんしゅ)のムードに背中を押され、何とかマネージャーのセクハラを告発したいと考えた佐藤さん。

「社長とマネージャーと新卒数名で飲む機会があったので、その帰り道、みんなの前で『実は…』と涙ながらに訴えたんです。

マネージャーは『それは将来君が、誰かの上に立つときに感情的にならないように…君のために思って言ったんだよ』とか、言い訳してました。でも、社長は一気に酔いが冷めた顔で『それはよくないね』とばっさり。

それから1か月後の人事異動で、そのマネージャーは経営企画室から、書類の不備等をチェックする部署に左遷されました」

佐藤さんは、最後にこう振り返ります。

「上場ってすごいなと感じました。来年はまた女性の新卒社員が入るので、しっかりとした組織になって欲しいです」

会社が外部にジャッジされる上場をきっかけに、声をあげた彼女。賢明なタイミングでした。

私達の身近な「セクハラ」vol.11―

<TEXT/女子SPA!編集部 イラスト/鈴木詩子>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
マユツバのヤンキー武勇伝に猛批判!益若つばさの地元話に視聴者がドン引き
牛肉「A5ランク信仰」崩壊...「実はおいしくない霜降り肉」離れ加速
「0点」だった小学生の国語の回答が、むしろ天才的だった件!
「今夜どう?」のお誘い。夫婦だけのヒミツのサインを作ってます
【実話】父の「トイレクイックル」の使い方が大間違いだった話
  • このエントリーをはてなブックマークに追加