指原莉乃6年ぶり本戦も後輩チャンス潰し「ごめん」

指原莉乃6年ぶり本戦も後輩チャンス潰し「ごめん」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/08/15
No image

AKB48ユニットじゃんけん大会予備戦 深川舞子(左)に勝ち、6年ぶりに本戦へ駒を進めることが決まった指原莉乃(C)AKS

「AKB48ユニットじゃんけん大会」予備戦が12日、千葉・幕張メッセで行われ、9月24日の本戦(愛知・日本ガイシホール)に出場する48ユニットが出そろった。選抜総選挙1位のHKT48/STU48指原莉乃(24)は6年ぶりの本戦出場を決めた。峯岸みなみ(24)柏木由紀(26)とユニットを結成した指原は、代表者を立てて行うじゃんけんに自ら志願の出場。同じHKT48深川舞子(18)今田美奈(20)清水梨央(13)組の代表、深川に勝った。篠田麻里子(31)が優勝した11年以来の本戦で、大喜びかと思いきや「ごめん! (清水は)中学生なのに」と、年下メンバーのチャンスをつぶしてしまったことに申し訳なさそうだった。

8回目を迎える大会は、メンバーが単独で争う方式から、メンバー同士が組んだユニット単位で出場する方式に変更。優勝ユニットにはCDデビュー権が与えられる。横山由依(24)山本彩(24)宮脇咲良(19)組などが本戦に進んだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
誤審で消えた「歴史上一番強かった」代表/ジーコ
示した図抜けた得点感覚と意識の変化、期待の2年生FW旗手怜央がチーム救う2発
シアトルの川澄奈穂美に聞く、ホンモノの「縦に速いサッカー」とは?
【札幌】微笑みの国の英雄、チャナティップが大切にする「オノシンジの助言」
【浦和】Jデビューを飾ったマウリシオ。去就に揺れる中島へは異例のアドバイス!?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加