App Storeのアプリ内課金が過去最高額に

App Storeのアプリ内課金が過去最高額に

  • iPhone Mania
  • 更新日:2018/04/17
No image

iPhone1台あたりのアプリ内課金が2017年に史上最高額に達していたことが明らかになりました。iPhoneユーザーが2017年にアプリ内で課金した金額は、前年と比べて23%多かったと模様です。モバイルアプリ専門の調査企業Sensor Towerの調べで明らかになりました。

ゲームアプリがやはり一番人気

Sensor Towerによれば、2017年のiPhone1台あたりのアプリ内課金は平均で58ドル(約6,220円)に上り、2016年の47ドル(約5,040円)よりもさらに多くなっています。なお、Sensor Towerの計算に、UberやAmazonなど、Appleが利益を得ていないアプリは含まれていませんが、動画配信サービスNetflixなどは含まれています。

2017年のiPhone1台あたりのアプリダウンロード数は、前年よりも10%多い、45個だったことがわかっています。アプリ数は2016年よりも4個多かった計算になります。

意外にも、写真・動画アプリのダウンロード数は前年同期比で10%少なくなっていますがが、ゲームアプリのダウンロード数は7%上昇した模様です。Sensor Towerはアプリのダウンロードに関する傾向について以下のようにまとめています。

ゲームアプリは、2017年のiPhone1台あたりのアプリダウンロード数45個中13個を占め、2016年の12.3個よりも対前年同期比で7%多くなっている。その次に米国内で昨年多かったのは、エンターテインメントアプリで、iPhone1台あたり平均3.1個と、前年の2.9個から7%上昇している。ユーティリティアプリは4%増加し、iPhone1台あたり2.3個から2.4個となった。

ソーシャルネットワーキングアプリはiPhone1台あたり2.9個と前年から横ばい、写真と動画アプリは、対前年同期比で10%減少し、iPhone1台あたり4個から3.6個にとなっている。

Source:Sensor Towervia9to5Mac
(lexi)

投稿App Storeのアプリ内課金が過去最高額にiPhone Maniaに最初に表示されました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

アプリカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
4/26のセール情報:ピンクフィルターに特化したカメラアプリ「Pinkl」無料セール
ライブ配信アプリ「17 Live」、約7600m2の廃倉庫で「17鬼ごっこvol.2」!逃走ライバー20名と鬼ライバー5名が賞金30万円かけ120分間激闘
19時「メロスは激怒した」 約3日間のメロスの旅がリアルタイムで進行する読書アプリ「実時間小説 走れメロス」
InstagramのWeb版で、自分のデータをダウンロードができるようになったよ!
【今日の無料アプリ】120円→無料♪「異議あり!」でお馴染みのゲームアプリ!「大逆転裁判」他、2本を紹介!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加