日本が大会初の銅メダル 世界陸上男子400mリレー

  • テレ朝news
  • 更新日:2017/08/13

ロンドンで行われている陸上の世界選手権。男子400メートルリレーで、日本はリオデジャネイロオリンピックに続いてメダルを獲得しました。

日本は予選からメンバーを変えました。そして、ジャマイカのウサイン・ボルトはこれが現役最後のレースです。9レーンの日本、1走は21歳の多田修平。好スタートを切り、2走の飯塚翔太にバトンをつなぎます。そして、3走は今大会リレーのみの出場の桐生祥秀。日本は4位でアンカー最年長の藤光謙司へ。ジャマイカのアンカーはボルトです。ここでなんとボルトが足を引きずって止まってしまいます。これで3位に上がった日本。そのままゴールし銅メダルです。ジャマイカは棄権になりました。日本は世界選手権ではリレー種目初めてメダルを獲得しました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
異例!プロ注目清宮らU18W杯日本戦全試合中継へ
ウサイン・ボルトの偉大さはボブ・マーリーを超えた? 母国記者が語る「愛される人柄」
横浜中沢11年ぶり対戦のポドルスキをシュート0封
【シャドウバース】力比べダークアリスで守りを固める!デッキからネクロマンサーカードを消滅させることで強力なニュートラルカードを手札へ!【ネクロデッキ紹介デッキコードあり】
柴崎岳がリーガ1部デビュー! 強豪ビルバオからの勝点1奪取に貢献
  • このエントリーをはてなブックマークに追加