急速に進む高齢化、シルバー産業への投資が盛んに―中国

急速に進む高齢化、シルバー産業への投資が盛んに―中国

  • レコードチャイナ
  • 更新日:2017/12/07
No image

急速に進む高齢化、シルバー産業への投資が盛んに―中国

各投資家、投資機構は今、シルバー産業への投資を積極的に画策しており、それが投資の新たな流れとなっている。

各投資家、投資機構は今、シルバー産業への投資を積極的に画策しており、それが投資の新たな流れとなっている。新華社が伝えた。

中国民生投資集団は最近、上海で中国のシルバー事業の発展をサポートするために「中民養老慈善基金」を設立したことを発表した。基金設立後、コミュニティー内のサポートが必要な高齢者を助け、地域の必要に合わせて「サービスポイント」を設置するほか、「ボランティアサービスチーム」を組織して、定期的に高齢者を訪問し、健康診断やコミュニティーの高齢者サポート、コミュニティーの高齢者優待デーなどの公益活動を展開して、高齢者の実際の必要を満たすよう取り組む。

地方の国有企業も、都市の介護に関する難題を解決しようと積極的に画策している。例えば、上海地産集団は、万科、上海中医薬大学と共同で、医療・介護サービスを提供する「上海申養公司」を立ち上げ、在宅介護・医療サービス、ヘルスケア施設、高齢者向け住宅など、さまざまな形式のシルバーサービスを提供し、専門の公立病院をシルバー施設と密接に結び合わせて、医療と介護の融合を進める。

中国民生投資集団の李銀●(リー・インホン、●は王へんに行)副会長よると、「現在、各資本のシルバープラットフォームは基本的に、不動産管理を入口、金融を手段、高齢者介護を核心とし、北京、上海など、中国の大都市が率先してシルバーサービスネットワークを設置している」という。

現在、中国のシルバーサービス業の最大の難題は、高齢者の自宅以外で介護を受けたくないという観念が強いことだ。しかし、コミュニティー内のサポートなら、高齢者にとって受け入れることは可能で、現段階での高齢者、家庭の実際のニーズにマッチしている。

中国老齢科学研究センターの老齢経済・産業研究所の王莉莉(ワン・リーリー)副所長は、 「高齢者は子供や孫との思いやりや近所・社会とのつながりが必要。自宅介護なら、専門的な介護サービスを提供できるだけでなく、高齢者にとっては自宅から離れないため、安心感が得られる。中国式介護は、身体的な面だけでなく、精神的な面にも注意を払わなければならない」との見方を示している。

中国民政部が発表した「2016年社会サービス発展統計公報」によると、中国では現在、高齢化が急速に進んでいる。16年末の時点で、中国全土の60歳以上の高齢者人口は2億3000万人と、総人口の16.7%を占めるようになっている。中国国務院が発表した「第13次五カ年計画(16−20年)国家老齢事業発展・介護体系建設計画」は、20年までに、中国全土の60歳以上の高齢者人口は約2億5500万人に増加し、総人口に占める割合も17.8%に上昇すると予測している。

中国老齢事業発展基金会の李宝庫(リー・バオクー)理事長によると、「中国式介護は、自宅を基礎とし、コミュニティーを頼りとし、施設が補充するという、『9073(高齢者90%が自宅、7%がコミュニティー、3%が施設)』という構造になっている」という。(提供/人民網日本語版・編集/KN)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

中国・韓国・アジアカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
中国の「一帯一路」、不信感広がり巨大事業が相次いでキャンセル
中国では感動することなんてなかった息子、日本の小学校で「心の底から感動」する出来事―中国メディア
日本に行って受けた、最大のカルチャーショックって何? =中国メディア
日本人が中国製品をボイコットしたらこうなる!日本のテレビ番組が中国で大反響
日系車の安全性が劣るかどうかは、マツダ車をみれば分かる=中国報道
  • このエントリーをはてなブックマークに追加