14日の東京株式市場見通し=反発後、もみ合いか

14日の東京株式市場見通し=反発後、もみ合いか

  • モーニングスター
  • 更新日:2017/11/14
No image

予想レンジ:2万2300円-2万2500円(13日終値2万2380円99銭)

14日の東京株式は反発後、もみ合いとなりそう。きのう13日の日経平均株価は、先物売りから取引終了にかけて下げ幅を拡大している。13日の米国株式が堅調だったこともあり、その反動などから、買いが先行するとみられる。ただ、決算発表のピークを越え、手掛かり材料に乏しくなることも懸念され、戻り待ちの売りに上値が抑えられることも想定される。為替相場は、ドル・円が1ドル=113円台の半ば(13日終値113円45-47銭)と小動きの一方、ユーロ・円が1ユーロ=132円台の半ば(同132円06-10銭)と円安に振れている。13日のADR(米国預託証券)銘柄は、円換算値で高安まちまちながら、LINE<3938>、パナソニック<6752>、ソニー<6758>などが13日の東京終値に比べ高い。13日のシカゴ市場の日経平均先物の円建て清算値は、13日の大阪取引所終値比85円高の2万2365円だった。(高橋克己)14日の主な経済指標・スケジュール【国内】・5年国債入札・決算発表=鹿島<1812>、電通<4324>、大塚HD<4578>、日ペイントHD<4612>、リクルートHD<6098>、日本郵政<6178>、かんぽ生命<7181>、ゆうちょ銀行<7182>、三菱UFJ<8306>、三住トラスト<8309>、三井住友<8316>、第一生命HD<8750>、住友不<8830>【海外】(時間は日本時間)・11:00 中国10月小売売上高、中国10月都市部固定資産投資、中国10月鉱工業生産・16:00 独7-9月期GDP・19:00 独11月ZEW景況感指数・22:30 米10月生産者物価・決算発表=TJX、ホーム・デポ◎関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、株式の売買は自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。(イメージ写真提供:123RF)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「社長の出身大学」調査で急上昇中の意外な大学とは?
大塚家具 久美子社長と父親との親子ゲンカ以降、90億円もの預金が消えた
「株価はどうして下がったのか?」 株価動向の分析のために知っておきたいキホン指標
広がる中食市場、コンビニの“主戦場”に ファミマは来年度3工場増強
関電と大阪ガス、相互参入で客が大量流出し合い
  • このエントリーをはてなブックマークに追加