『スパイダーマン:ホームカミング』ネタバレなし!知っておくとさらに楽しめる10のポイントを全力で語る!

『スパイダーマン:ホームカミング』ネタバレなし!知っておくとさらに楽しめる10のポイントを全力で語る!

  • シネマズ
  • 更新日:2017/08/11

■『 スパイダーマン:ホームカミング』関連記事

No image

(C)Marvel Studios 2017. (C)2017 CTMG. All Rights Reserved.

8月11日より公開の『スパイダーマン:ホームカミング』がスパイダーマン映画史上、いやアメコミ映画史上最高傑作だ!と思うほどの素晴らしい作品でした!ここではネタバレのない範囲で、知っておくとさらに楽しめる10のポイントを、全力でまとめてみます!

1:圧倒的高評価!期待値をガン上げして観よう!

『スパイダーマン:ホームカミング』は本国の批評家および観客から圧倒的な高評価で迎えられています。米映画情報サイトIMDbでは13万人以上の投票により10点満点でなんと7.9点をマーク。このスコアは、サム・ライミ監督版の3部作および『アメイジング・スパイダーマン』の2部作を越え、スパイダーマン映画史上もっとも高いものなのです。Rotten Tomatoesでも92%の批評家が肯定的な評価をしており、『スパイダーマン2』に次ぐ高スコアを記録していました。

数字として、スパイダーマン映画史上最高傑作という事実がしっかりと表れているのです。何の予備知識も入れたくないという方は、この事実だけ知っていれば良いでしょう。『スパイダーマン:ホームカミング』の期待値はガン上げしていてOKだと!

2:今までのシリーズを観ていなくても大丈夫!しかもシリーズファンに向けた嬉しいサービスも!

『スパイダーマン:ホームカミング』は、2008年の『アイアンマン』から続いてきた、同一世界でのヒーローの活躍を描くシリーズ“マーベル・シネマティック・ユニバース(以下MCU)”の第16作目に当たります。それぞれの作品に“つながり”があるため、シリーズを追えば追うほどキャラや世界観に厚みを感じることができ、さらに楽しめるというのが、このMCUなのです。

ともすれば、今までのMCUを観たことがないという方は、「途中から観ても楽しみにくいのでは?」と不安に思っているのではないでしょうか?しかし、ご安心を。結論を言えば、『スパイダーマン:ホームカミング』は「今までのシリーズを観ていなくても楽しめるけど、観ているともっと面白い!」作品であったのです。

No image

(C)Marvel Studios 2017. (C)2017 CTMG. All Rights Reserved.

予備知識がなくても楽しめる理由は、スパイダーマンというヒーローのキャラ単独の活躍に絞っており、スパイダーマン自身はもちろん、他のアメコミヒーローのことを知らなくても存分に物語を楽しめるから。重要人物であるアイアンマン(トニー・スターク)のことも「アベンジャーズというチームを率いているお金持ちのヒーロー」ということだけがわかっていれば問題ないでしょう。

それでいて、過去のMCUや、これまでのスパイダーマン映画(また原作コミック)を知っている方だけがわかる、嬉しいファンサービスもしっかりあります。繰り返しますが、本作は“予備知識がなくても楽しめるけど、詳しいことを知っているとさらに面白い”というバランスが保たれており、幅広い層に届ける娯楽映画として理想的な内容になっているのです。

もちろん、『スパイダーマン:ホームカミング』を最大限に楽しむには、過去のMCUを観ておいたほうが良いというのも事実。時間がないという方は『アイアンマン』(特に1作目)と『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』だけでも鑑賞しておくと良いでしょう。どちらも、本作につながる要素が大きい作品ですよ。

No image

(C)Marvel Studios 2017. (C)2017 CTMG. All Rights Reserved.

3:イケてない男子高校生の日常が面白い!オタクに寄り添ってくれる僕らの物語だ!

『スパイダーマン:ホームカミング』の大きな特徴は、今までのスパイダーマン映画にはない“新機軸”があること。具体的には“イケてない男子高校生の日常”がよりクローズアップされているのです。

もちろんサム・ライミ監督版の3部作および『アメイジング・スパイダーマン』の2部作でも主人公はイケていなかったのですが、今回は予告編を観て分かる通り、“スパイダーマンの正体を知ってしまう太った男の子”が主人公の親友であることもミソ。過去作品に比べて“正体がバレてしまう”ことがそれほど深刻ではなく、むしろイケてない男子どうしの友情という要素に昇華されたり、ギャグになっていたりするのです。

そして、劇中には「僕たちイケてないオタク男子の心情に寄り添ってくれてありがとう!」と言いたくなる、ヒエラルキーのある学園内でのあれこれを描いたシーンがたっぷりとあります。かわいい女の子といい感じなりそうになったらドギマギして、リア充なヤツはちゃんとイヤなやつとして主人公たちの反感を買う(笑)。こういうヒーロー映画って、イケてない男子の心情をとてもよくわかってくれていることが多いのですが、『スパイダーマン:ホームカミング』はその中でもトップクラスなのではないでしょうか。ありがとう!本当にありがとう!もちろんリア充や女性も楽しめますよ!

ちなみに、主演を努めたトム・ホランドは今回のスパイダーマンの役作りのために、正体を隠して理系の超名門高校に3日間に渡り“潜入”していたのだとか。映画本編に登場する“フラッシュ”という名前のイヤなやつは、この時のトムの経験が大いに反映されているのだそうです。トムはその潜入捜査の最終日で仲良くなったクラスメイトにこっそりと「自分がスパイダーマンだ」とバラしたそうですが、信じてもらえなくてショックを受けたこともあったのだとか。元々この潜入捜査はトム・ホランドがジョークで提案したことだったのだそうですが、それを実現してしまうマーベルスタジオの懐の広には恐れ入ります。

No image

(C)Marvel Studios 2017. (C)2017 CTMG. All Rights Reserved.

4:トム・ホランドの魅力が全開!史上最もかわいいスパイダーマンだ!

本作の魅力として何よりも語らなければいけないのは、前述したトム・ホランドという現在21歳の若き才能がスパイダーマンを演じているということ。とにかく言わせてください、トム・ホランドがめっちゃかわいい!トム・ホランドがめっちゃかわいい!トム・ホランドがめっちゃかわいい!(大切なことなので3回言いました)

No image

(C)Marvel Studios 2017. (C)2017 CTMG. All Rights Reserved.

『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』での出演時にまだ十代だったという彼は、今回の映画においても15歳という“子ども”の役になっています。その年齢相応の未熟さをトム・ホランドはこの上なく表現しており、欠点が多いからでこそのキャラが愛らしい!誰もが、この新しいスパイダーマンを大好きになるのではないでしょうか。しかも原作コミックからの“おしゃべりなキャラ”具合も、スパイダーマン映画史上もっとも突出している!

そのトム・ホランドの実力は関係者が絶賛しています。ジョン・ワッツ監督は危険なアクションの多くを自身の力でこなした彼を「史上最高のスパイダーマン」と褒めたえ、アメコミの原作者であるスタン・リーにはその身体能力の高さゆえに「トム・ホランドはスパイダーマンの役をやるために生まれてきた」と言わしめました。トム自身、「俳優でなかったらスタントマンになりたかった」と言うほど身体のトレーニングに余念がない努力家であり、元々スパイダーマンのあらゆるグッズを持っているほどの大ファンだったそう。確かにこれ以上、スパイダーマン役としてふさわしい人物はいないでしょう!

さらに、台風が近づく中で開催された先日のジャパンプレミアでは、トム・ホランドは「こんなに雨が降っちゃってファンのみんな、ごめん。僕もいっしょに濡れるよ!」と言ってステージ前方まで駆け寄ってくれたのだとか。何だよ!顔、身体能力、演技力でなく、性格までもがイケメンかよ!完璧超人かよ!(嫉妬)

おわかりいただけたでしょうか。過去にスパイダーマンを演じたトビー・マグワイアやアンドリュー・ガーフィールドももちろん最高に素晴らしかったですが、今回はトム・ホランドという逸材という言葉では足りない、もはや人類の宝と言っていいほどの人物が超有名なヒーローを演じるのです。これだけでも『スパイダーマン:ホームカミング』はすべての人に観て欲しい映画なのです!

ちなみに、今回はトム・ホランドの“声の高さ”をイジったギャグシーンもあったりします。これも、彼のファンなら萌えることは間違いないですよ。

5:かつてのバットマンが敵役に?マイケル・キートンの“凄み”に注目!

本作のスーパー・ヴィラン(ボスキャラ)を演じるのはマイケル・キートン。なんと、1989年の『バットマン』および1992年の『バットマン リターンズ』で主役のバットマンを演じていた……つまり“元々はヒーロー”だった方が、今回は悪役になっているのです。

今回のマイケル・キートンの役柄で特筆すべきは“その真意がわかりにくい”ということ。表面的に見れば情け容赦のない悪党のようですが、時折“それだけではない”顔も見せていくのですから。善人ではないが、さりとて完全な悪人とも断定できない。そのような不確定な要素のあるキャラを、マイケル・キートンはベテランならではの“凄み”で魅せてくれました。

No image

(C)Marvel Studios 2017. (C)2017 CTMG. All Rights Reserved.

なお、マイケル・キートンは『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』の時も、かつてバットマンというヒーローを演じたことが皮肉に思える(良い意味で)イヤな性格のキャラを熱演していました。今回の映画ではそれ以上、まさにバットマンの“正反対”と言うべき役柄になったと言っていいでしょう。

6:マリサ・トメイ演じるメイおばさんが最高だ!こんな美人熟女に心配されたい!

マリサ・トメイが演じるメイおばさんにも注目!『シビル・ウォー:キャプテ・アメリカ』で出演した時も思っていましたが、その露出の多い格好とボディは有り体に言ってとてもエロい(下世話な言い方でごめんなさい)!話し方やしぐさも色気たっぷり!現在52歳なのに!熟女好きはこれだけ必見です!

ちなみに、メイおばさんは原作コミックではいかにも老人という見た目で、過去のスパイダーマン映画でもローズマリー・ハリス(88歳)やサリー・フィールド(69歳)と、やはりお年を召した方が演じられていました。でも、15歳の少年の叔母さんの年齢としては、若々しいマリサ・トメイのほうがより違和感がないですよね。マリサ・トメイは実年齢よりマイナス20歳くらいに見えますし!

魅力的なキャストは、以上に挙げたトム・ホランド、マイケル・キートン、マリサ・トメイだけではありません。スパイダーマンの親友である太った男の子役のジェイコブ・バタロン、風変わりな女の子を演じていたゼンデイヤなど、存在感のあるフレッシュな若手俳優の魅力も存分に堪能できることでしょう。

No image

(C)Marvel Studios 2017. (C)2017 CTMG. All Rights Reserved.

7:予告編がネタバレしすぎ?でも気にしなくてOKだ!

『スパイダーマン:ホームカミング』は、予告編がネタバレし過ぎでは?と一部でささやかれているようです。確かに、実際に映画本編を観ると「そこは予告編で見せなくていいのに!」と思うところもなくはなかったです。いかに本作が楽しみだとしても、なるべく予告編を繰り返し観ないほうがいいのかもしれません。

しかしご安心を。この予告編ではかなり重要なポイントがネタバレしていないですし、本編で初めて明かされるサプライズも用意されているのですから!ある意味では予告編自体がミスリードになっていると言っても良く、予告編を観ていたとしても、しっかり驚くことができるでしょう。

特に後半のあの展開……!ネタバレは一切できませんが、「これを考えた人は天才だ!」とだけお伝えしておきます。

No image

(C)Marvel Studios 2017. (C)2017 CTMG. All Rights Reserved.

8:吹替版が誠実かつ最高のキャスティングだ!

誠実かつ超豪華な吹替のキャスティングにも触れなければいけないでしょう!スパイダーマンには『カードファイト!! ヴァンガードG』や『境界のRINNE』などで活躍されている若手実力者の榎木淳弥、アイアンマンには声優業に復帰したばかりの藤原啓治が続投、スーパー・ヴィランには青年から中年まで幅広く担当しているベテランの大川透と、文句のつけようのない配役です!

さらに、脇役にも豪華声優陣が勢揃い!スパイダーマンの敵ショッカーには諏訪部順一、学力コンテストチームの仲間に梶裕貴や水瀬いのりや伊波杏樹、校内テレビのMC役に浪川大輔 、イヤな性格のクラスメイトには畠中祐などと、人気と実力を兼ね備えた方ばかり!筆者が試写で鑑賞したのは字幕版でしたが、絶対に吹替版も観ます!

なお、8月25日公開の『ワンダーウーマン』も甲斐田裕子、小野大輔、榊原良子、深見梨加など、ベテランの豪華声優陣による素晴らしいキャスティングになっています。こうしてアメコミ映画ファンが納得する、誠実な吹替が今後も続くと嬉しいですね。

No image

(C)Marvel Studios 2017. (C)2017 CTMG. All Rights Reserved.

9:最近の大作映画のトレンド?F×××のネタがあった!

本国ではF×××という言葉を劇中で2回以上使うと、問答無用でR指定(17歳未満の観賞は保護者の同伴が必要)がされるという決まりがあります。もちろん、より多くのお客を呼ぶファミリー向け映画ではこのR指定を避けるためにF×××を使わないようにしているのですが……近年ではこの決まりを逆手に取って、「F×××を言いそうだけど言わない」ことをギャグにしまっている作品がありました。

たとえば、『キングコング:髑髏島の巨神』や『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.2』や『パワーレンジャー』では「F×××を言いそうだったけど(理由はさまざまで)キャンセルする」というシーンがありましたし、現在公開中の『トランスフォーマー:最後の騎士王』でも「ここぞという時にF×××って言ってやる!」という気概が伝わる愉快なシーンがあります(F×××は1回言うだけならR指定にならないから)。こういうレーティングに果敢に挑戦するガッツは実にいいですね。

そして、『スパイダーマン:ホームカミング』でも、「F×××を言いそうだけど言わない」という渾身のギャグがあるのです!それがどこに登場するかはもちろん言えませんが、その見事な“キャンセル具合”には大笑いしてしまいました。これは吹替版では伝わらないギャグですので、ぜひ字幕版も観ましょう!

No image

(C)Marvel Studios 2017. (C)2017 CTMG. All Rights Reserved.

10:この映画を合わせて観て欲しい!もっと楽しむための5つの映画はこれだ」!

最後に、『スパイダーマン:ホームカミング』をこれから観る人におすすめしたい、5つの映画をご紹介します。

『COP CAR/コップ・カー』

No image

『スパイダーマン:ホームカミング』の監督のジョン・ワッツによる作品です。この映画で特筆すべきは、悪役を演じたケヴィン・ベーコンがかわいいこと!「警察車両を盗んだ悪ガキを追い詰める」というシンプルなサスペンスなですが、子どもに翻弄されまくるベーコンが愛おしくなるシーンの連続で、悪人のはずなのに「がんばれ!」と応援したくなるのです。PG12指定でやや刺激の強い描写もありますが、88分という短い上映時間の中にハラハラドキドキが詰まっている、意外にも万人が楽しめる作品と言えるでしょう。『スパイダーマン:ホームカミング』の子どもっぽいトム・ホランドや、おじさんのマイケル・キートンがかわいいのも、この『コップ・カー』で役者の魅力を引き出したジョン・ワッツの手腕によるところが大きそうです。

『インポッシブル』

No image

実際に起こったスマトラ島沖地震、その津波の被害に翻弄される家族を描いた映画です。今よりも少し幼く見えるトム・ホランドが純朴な少年を演じており、家族のために奔走するその姿についつい涙腺が緩んでしまいます。津波のシーンおよび、その後の被災地の凄惨さは筆舌に尽くしがたいものがありますが、だからでこそ観る価値がありました。トム・ホランドは他にも『白鯨と闘い』で若きキャビンボーイを熱演しているので、こちらも機会があればご覧になってほしいです。

『パワーレンジャー』

No image

(C)2016 Lions Gate TM&(c) Toei & SCG P.R.

ヒーロー映画ながら“学園青春ドラマ”としての側面が強い作品で、『スパイダーマン:ホームカミング』とは青春映画の金字塔『ブレックファスト・クラブ』に影響を受けたと監督が明言していることでも共通している作品です。大迫力のバトルはもちろん、それまでの人間としての“成長”に重きを置いていることも同様でした。8月上旬現在、残念ながらほとんどの劇場で『パワーレンジャー』の上映は終了してしまいましたが、まだまだ渋谷TOEIや丸の内TOEIなどでは続映しています。まだ間に合います!『スパイダーマン:ホームカミング』と同じくらいかそれ以上に、魅力的な若手キャストによる“キャラ萌え”が詰まった映画なので、観てください!

※筆者は以下の記事も書いています↓
なぜだ!なぜ『パワーレンジャー』を観てくれないんだ!『レベルE』『ジョジョ』『ドラゴンボール』好きが大歓喜するのに!

『ファウンダー ハンバーガー帝国の秘密』

No image

(C) 2016 Speedee Distribution, LLC. ALL RIGHTS RESERVED

こちらも現在公開中の映画です。「誰もが知っているマクドナルドがいかにフランチャイズ化をしていったか?」を追うという“経営”を描いた作品ながら、小難しさはまったくありません。同監督の『ウォルト・ディズニーの約束』もそうでしたが、実話ベースの人間ドラマと、エンターテインメントのバランスが上手く保たれた、誰もが楽しめる秀作に仕上がっていました。特に、序盤の「初代マクドナルがいかに効率化をしていったか?」のエピソードの面白さ、その時の編集のキレ味にはワクワクが止まらなくなるはず!主演を務めたマイケル・キートンの“完全な悪人とも言いきれないけど、さりとて良いヤツでもない”なキャラは奇しくも『スパイダーマン;ホームカミング』にも通ずるところがあるため、合わせて観ると、彼の役者としての魅力をさらに知ることができますよ。

『ベイビー・ドライバー』

No image

こちらは8月19日より公開の映画です。犯罪者の“逃がし屋”をしている凄腕ドライバーを描いた作品で、『スパイダーマン:ホームカミング』とは、若手実力俳優が演じる主人公の少年がこの上なく魅力的なこと、脇を固めるベテラン俳優がそのキャリアの中でも随一の存在感を放っていることが共通しています。『ホット・ファズ -俺たちスーパーポリスメン!-』や『ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!』などのエドガー・ライト監督作品ながら、ノリノリな音楽とゴリゴリの犯罪ものの組み合わせは『レザボア・ドッグス』や『キル・ビル』のクエンティン・タランティーノ風味でもある!映画の面白さが詰まった、映画ファンであれば絶対に観なければならない快作であると断言します。『シンデレラ』のリリー・ジェームズがひたすらにかわいいヒロインを演じていることも見逃せませんよ!

■『 スパイダーマン:ホームカミング』の記事をもっと読みたい方は、こちら

(文:ヒナタカ)

関連記事

母性爆発!『スパイダーマン:ホームカミング』を観てキュン死しかけた!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
大泉洋、“小説”で初主演! 完全あてがきの新感覚小説「騙し絵の牙」
「マーマレード・ボーイ」実写映画化に桜井日奈子&吉沢亮が抜擢!2018年公開
満島ひかりが女優としての「覚悟」を見せた映画「海辺の生と死」
「ママレード・ボーイ」ついに実写映画化 桜井日奈子&吉沢亮W主演×廣木隆一監督<コメント到着>
【速報】『ママレード・ボーイ』が実写映画化決定! 主演は桜井日奈子&吉沢亮ですってよ!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加