注目は〝コスパ最強〟と〝ご当地食材〟2018年の新春おせちランキング

注目は〝コスパ最強〟と〝ご当地食材〟2018年の新春おせちランキング

  • @DIME
  • 更新日:2017/11/12

正月料理である「おせち」は「御節供(おせちく、おせつく)」や「節会(せちえ)」の略称で、中国から伝わった五節供の行事に由来する。奈良時代には朝廷内で節会(せちえ)として行われ、当時は高盛りされた米飯などが供されたという。
楽天は同社が運営するインターネット・ショッピングモール「楽天市場」における2018年新春に向けたおせちのランキング速報を発表した。

楽天市場 2018年 人気おせちランキング速報

1位  和洋折衷本格料亭おせち料理 博多 (博多久松)1万5800円
2位 ちこり村 田舎の手づくりおせち (岐阜・中津川 ちこり村) 1万8144円
3位  板前魂の極 8.5寸 (板前魂)  1万5700円
4位  板前魂の花籠 和風三段重おせち料理(板前魂)9780円
5位 和洋中三段おせち 鳳凰  1万4220円
6位  海鮮おせち 秀峰 (北海道小樽きたいち) 1万4990円
7位  割烹料亭千賀監修 おもてなし (おもてなし参道)1万5800円
8位  本格定番3段重おせち料理 舞鶴 (博多久松) 1万1500円
9位 洋風定番3段重おせち料理 Akasaka(博多久松)  1万7900円
10位 京都祇園 料亭「岩元」監修おせち 匠(海鮮かに処) 1万5300円()
※表示価格は全て税込・送料無料。カッコ内は出店店舗名。

※価格はすべて2017年11月8日17:30現在のものです。
注文時期により価格が変更となる商品もありますのでご注意ください。

■調査概要
データ抽出期間/2017年1月1日~2017年10月31日

1位の和洋折衷本格料亭おせち料理 博多 (博多久松)

No image

ランキングトップ10の商品はすべて1万円台以下で、10商品の平均価格は約1万5000円。さらに、うち6商品が、基本サイズである6.5寸(20.5cm辺)よりも、一辺が5cm程度大きい8寸などの「大型重箱」となっている。豪華かつお手ごろ価格である「コスパ最強おせち」に支持が集まったようだ。
(※)2017年11月8日現在の販売価格より算出

2位の「ちこり村 田舎の手づくりおせち」では地元の食材をふんだんに使用していたり、10位の「京都祇園 料亭『岩元』監修おせち 匠」では京都らしさを感じさせる食材を使用していたりと、全国各地の食材を幅広く取り揃える楽天市場ならではの、ご当地色が楽しめるおせちも人気を集めている。

ネット通販はおせちの購入方法として定着しており、楽天市場では、おせちの流通総額が2011年から2016年の5年間で1.6倍に拡大しているという。また、お正月の過ごし方は年々変わりつつあり、ユーザーが求めるおせちの内容も多様化。これを受け楽天市場でも、お重ごとに和洋中のメニューが入った豪勢なおせち、1人用おせち、愛犬用おせちなど、様々なニーズに合わせた商品が登場している。

板前魂の煌 和風一段重(板前魂)

No image

犬用おせち(DOG DINER)

No image

文/編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

グルメ総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
なぜ日本人は大好きなのか?日本独特の缶コーヒー文化を分析―中国メディア
「さすが本場、ドイツのスーパーマーケットはビールの陳列が一味違う!」アートを感じる店内写真
「うちのおばあちゃんが使っているバター容器を見て...かわいいと思った」
【マツコも満喫♪】知れば食べたくなる「地元パン」~マツコの知らない世界から~
エンケイどうした......? 世界的ホイールメーカーが新規開発した「餃子」の謎
  • このエントリーをはてなブックマークに追加