ライプチヒ首脳陣、今冬にケイタの移籍検討と独紙

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/01/11

ライプチヒ首脳陣は今冬にナビ・ケイタの移籍を検討していると、11日の独紙ビルトが報じた。

リバープールのユルゲン・クロップ監督がバルセロナに移籍したコウチーニョの後継者を探している。来季の欧州CL出場権を確保するためにも補強が必要で、リバープールは当初確定していた7500万ユーロに1500~2000万ユーロの上乗せで交渉する準備があるという。

ケイタは今季前半戦でコンスタントな活躍をしているとは言いがたい。時折見せるラフプレーでの出場停止などは、チーム内では受け入れられないレベルにまで不満は高まっているとも言われている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【MLB】主力大量放出のマーリンズ、ジーター氏は本拠地の巨大オブジェも撤去希望?
「陸王」モデル“伝説の靴職人” 記者会見で職人魂 箱根往路Vシューズに異議
バイエルンMF、美技から圧巻“100度ゴール” 再生98万超で世界称賛「不可能」「天才」
大荒れ民進 挨拶3回繰り返し最後は苦笑い大塚代表
第1号は岡崎の同僚に...イングランドで初めてVARによるゴール誕生
  • このエントリーをはてなブックマークに追加