西武斉藤200万減「精神的にも苦しい1年だった」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2016/12/01

西武の斉藤彰吾外野手(27)が1日、契約更改交渉に臨み、200万円ダウンの年俸1400万円でサインした。

15年は103試合に出場したが、今季はケガもあって45試合の出場にとどまった。「自主トレから結構しっかりやってきて、今まで以上にやれていると自信をもって臨んだシーズン。ケガをして、くやしかった。それもあって焦りもあり、なかなか思うような結果、プレーができなかった。精神的にも苦しい1年だった」と振り返った。

守備、走塁には定評があるだけに、課題は打撃。「今年は打撃でいろいろと変えた部分も多く、自分の中に芯がなかった。それですべて中途半端になった。まずは今のフォームで固めて、後悔しないようにやりたい」と話した。来季はプロ10年目。「10年やれるというのは想像していなかった。これからは1年1年が勝負。まずは来年、貢献できるようにしたい」と意気込んだ。(金額は推定)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【球界ここだけの話(748)】ヤクルト残留が決まったバレンティン 大砲を支えた心のヒーロー
FA史に残る嫌われ者!? 巨人移籍のDeNA山口に「出て行ってよかった」の大合唱
稲村亜美、平沢をガチ勝負で三振!球審が「神判定」
陽岱鋼、巨人入り決定的 史上初の同一年FA3選手獲得
大型補強の巨人 ささやかれる“オリックス化”の懸念
  • このエントリーをはてなブックマークに追加