ヤクルト・バレンティン&山田8月2度目アベック弾

ヤクルト・バレンティン&山田8月2度目アベック弾

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/08/11
No image

5回表ヤクルト無死、バレンティンは中越え本塁打を放つ(撮影・前岡正明)

<中日2-10ヤクルト>◇11日◇ナゴヤドーム

ヤクルトが快勝した。2点リードの5回に3番ウラディミール・バレンティン外野手(33)が25号ソロを放ち、6回には4番山田哲人内野手(25)が18号2ランで試合を決めた。

アベック弾は今季5回目で8月に入って2度目。主軸に勢いが出てきた。

バレンティンは本塁打ランキング1位の中日ゲレーロ(28本)に3本差と迫り、広島鈴木と並び2位タイとなった。「しっかりボールが見えているし、打ち損じをせずにスイングができている。(本塁打王の)尻尾が見えてきた」と量産態勢に拍車を掛けると意気込んだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
日本ハム・レアード100号グッズ、早速発売
控えにも大きな得点力=代打新井、岩本が活躍-プロ野球・広島
サファテ史上2人目の3年連続40S、岩瀬に並ぶ
DeNA・ラミレス監督、ミラクルなサヨナラ劇に「今年の中でベストの試合」
阪神大和、右脇腹を痛め交代 球団「大事を取って」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加