OLから転身、行列ができるイチゴのお菓子専門店オーナーに密着

OLから転身、行列ができるイチゴのお菓子専門店オーナーに密着

  • ORICON NEWS
  • 更新日:2018/04/17
No image

4月17日放送、カンテレ・フジテレビ系『7RULES(セブンルール)』イチゴの専門家、渡部美佳さんに密着(C)カンテレ

さまざまな分野でキャリアを輝かせている女性たちに密着し、意識・無意識にかかわらず、その人が「いつもしている7つのこと」=「セブンルール」を見つけ、掘り下げていく関西テレビ・フジテレビ系ドキュメンタリー『7RULES(セブンルール)』(毎週火曜 後11:00)。17日の放送では、京都の烏丸御池にあるイチゴのお菓子専門店「MAISON DE FROUGE」のオーナー渡部美佳さんに密着。OLから行列のできるイチゴのお菓子専門店オーナーに転身した彼女のセブンルールとは?

【写真】行列ができるほど人気のイチゴのお菓子

渡部さんの店では、イチゴを使ったショートケーキやタルトをはじめ、リボンで結んだミルフィーユなど、イチゴの魅力を最大限に生かしたこだわりのスイーツを50種類以上取りそろえる。さまざまな雑誌に掲載され、SNSで人気に火がついた。「かわいくておいしいってあんまりない!」と、ここでしか食べられないイチゴのお菓子を求める女性客で、連日オープン前から行列が絶えず、店内はいつも満席。

オーナーとしてレシピ開発やお菓子に使うイチゴの選別をすべて一人で行うが、元々は流通やアパレル業界で働く普通のOLだった。「私は本当にやりたいことを仕事に選んでいるのかな…」と疑問を感じていたある日、イチゴのお菓子専門店の開業を検討していた友人からもらった一粒のイチゴが彼女の人生を変えた。「このおいしいイチゴを食べてもらうために店をやろう!」と会社を辞め、友人と2人で店をオープンしたものの、2人ともお菓子作りに関してはほぼ素人だったため、「2~3年たっても売り上げゼロの日があった…」と苦難の連続だったという。そんな彼女が単独でオーナーとなり、イチゴについて徹底的にこだわろうと決意したきっかけとは?

「本当においしいイチゴって食べたことない人が多すぎる。だからたくさんの人に伝えたい」と、よりおいしいイチゴを求めて全国のイチゴ農家を訪ね歩き、現在は約25軒の農家と直接取り引きする。その日の仕入れとお菓子の種類に合わせて、約30種類のイチゴを使い分けるこだわりぶりだ。その研究熱心さが高じ、お菓子の枠を超えてイチゴそのものの勉強も始めた。今年の夏には新たな展開を予定しているという。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

グルメ総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
美味しくて美しいアメリカン寿司をリズミカルに作る、お料理動画が素晴らしい
【衝撃事実】ヤマザキ「春のパン祭り」でパンを1個買わずに25点獲得できると判明! もうパン祭りじゃねええええッ!!
また買っちゃった...業務スーパーでついリピート買いしちゃう食品4つ
【本日発売】マックのポテトに超ボリュームの「グランドフライ」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加