パパを“人間バイク”に変えるハンドル付きヘルメット「Piggyback Driver」が楽しそう

パパを“人間バイク”に変えるハンドル付きヘルメット「Piggyback Driver」が楽しそう

  • ねとらぼ
  • 更新日:2016/10/20

ニューヨークと東京を拠点に活動するクリエイティブラボ「PARTY」が、肩車をもっと楽しくするパパママ運転ヘルメット「Piggyback Driver」を発表しました。

No image

これをかぶったパパやママは思いのまま!

No image

LEDライトが点滅して行きたい方向をお知らせ

使い方はシンプル。大人がハンドル付きのヘルメットをがぶり、子どもを肩車します。子どもが行きたい方向にハンドルを切ると、ヘルメット内部が振動し、LEDライトが点滅するので、パパやママはどちらの方向に進めばよいかわかる仕組みになっています。ヘルメットには、ハンドル、LEDライトの他に、クラクションも搭載されており、公園内を疾走する際の安全面も配慮されています。

No image

パパ、およびママは、ボタンが押されたら、全力疾走すべし!

No image

プップ―、これからパパが通りますよ〜!

また、ハンドルの近くには押されると否が応でも加速しなければならない「ターボボタン」もついており、その速さを察知して、LEDライトの光るスピードも変化するんですって。

10月1日〜2日にニューヨークで開催された「Maker Faire」にて、たくさんの人たちが Piggyback Driver のプロトタイプを「試乗」し、反応も上々とのことで、ただいま、商品化に向けてコラボパートナーを絶賛募集中なのだそう。

No image

ちょっと空も飛べそう

製品化されれば、親子の濃厚なコミュニケーションが生まれ、パパやママは運動不足解消に、そして、子どもたちは肩車をさらにエンジョイすることができますね。

子どもがパパやママを操縦する。そんな時代がほら、すぐそこに!

(林美由紀)

関連キーワード

子供 | 大人 | コミュニケーション

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ユニクロに1年潜入取材してみた!
冬のボーナス、国家公務員に支給 平均約70万円
OPEC減産合意は効き目なし?突如「伏兵」現わる
「極ZERO」酒税騒動を振り返る 発泡酒? 第3のビール?
借金10兆円超え、孫正義とみずほ銀行の「見果てぬ夢」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加