最新ランキングをチェックしよう
モスバーガー、多数の店舗で大腸菌O121検出...「食の安全」軽視で深刻な客離れ加速

モスバーガー、多数の店舗で大腸菌O121検出...「食の安全」軽視で深刻な客離れ加速

  • Business Journal
  • 更新日:2018/10/11

飲食によって腹痛や下痢、嘔吐、発熱といった症状が起きる食中毒は、梅雨から夏にかけて高温多湿の時期に多発する。食事を提供する外食産業が経営の根幹に据えるべきは「食の安全」であるにもかかわらず、今年も大手外食で食中毒事件が起きた。その対応で“経営者力”が問われる。
 外食最大手のすかいらーくホールディングス(HD)は9月10日、グループの回転ずしチェーン「魚屋路」(ととやみち)で食中毒が発生したとして

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
副社長が語るF-2後継問題 ボーイングが描く未来の「日本の空」
グノシー、マックやガスト、丸亀製麺などで割引ができる「クーポンタブ」を本格提供開始
走行は見納め間近か、動く旧軍「八九式中戦車」 レストア完了までの苦難とその後
「LINE Pay」も支払い額20%還元キャンペーン開始
帰ってきた万能ワゴン──VWパサート オールトラック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加