シリーズ初の手ぶれ補正搭載、富士が高性能ミラーレス「X-H1」

シリーズ初の手ぶれ補正搭載、富士が高性能ミラーレス「X-H1」

  • マイナビニュース
  • 更新日:2018/02/17
No image

富士フイルムは2月15日、ミラーレス一眼「FUJIFILM X」シリーズの新製品「FUJIFILM X-H1」を発表した。一眼レフカメラライクなデザインを採用し、速写性能を重視した高性能モデル。新たにボディー内手ぶれ補正機構を搭載し、すべてのレンズで5軸手ぶれ補正が働くようにした。ボディーの剛性を高めたほか、オートフォーカスの性能も向上させた。高性能一眼レフと同等の撮影性能やボディー剛性を備え、一眼レフを愛用するハイマチュアユーザーやプロの乗り換え需要を狙う。

価格はオープンで、予想実売価格はボディー単体モデルが税別230,000円前後。発売は3月1日。

富士フイルム 代表取締役社長 COOの助野健児氏は「レンズ交換式カメラの販売台数は2016年までずっと下降傾向にあったが、2017年はついに上昇に転じた。ミラーレス一眼の比率も38%にまで高まった。ミラーレス一眼のみを手がける富士フイルム自身も、イメージング事業の営業利益が2017年は前年の4割増しになった」と語り、レンズ交換式カメラはミラーレス一眼に勢いがあることを解説した。

その流れを受けて富士フイルムが今回投入するのが、一眼レフスタイルのフラッグシップ機となる「FUJIFILM X-H1」だ。2016年9月発売の従来モデル「FUJIFILM X-T2」と似た外観ながら、シリーズで初めてボディー内手ぶれ補正機構を搭載したのが特徴。写真撮影と動画撮影の両方で5軸の手ぶれ補正(最大5.5段分相当)が働き、ぶれを大幅に低減できる(手ぶれ補正機構を備えるレンズを装着した場合、レンズ側2軸+ボディー側3軸の補正が有効となる)。

小型軽量ボディーを維持しつつボディーの剛性を高め、レンズ交換や衝撃などへの耐性を向上した。グリップは大型化し、大型の望遠レンズなどを装着した際も安定して保持できるようにした。シャッターボタンは、わずかな力の入れ具合で半押しから全押しに移る心地よさを重視したリーフスプリング式のボタンをシリーズで初めて採用。シャッターボタン後方には、シャッター速度や絞り値などを表示する液晶パネルを新たに設けた。

オートフォーカスや露出制御も改善した。蛍光灯や水銀灯など、チラつきのある照明下でも安定した露出で撮影できるフリッカー低減撮影機能を搭載。オートフォーカスは、像面位相差AFの測距の方法を改良し、速度や精度を高めた。

色調を変えて撮影できるフィルムシミュレーションは、新たに映画用フィルムのような落ち着いた色合いで撮影できる「ETERNA」(エテルナ)を追加した。写真撮影時でも使えるが、おもに動画撮影時に使ってもらいたいとする。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
格安SIMの契約から設定方法まで!SIMフリースマホを買ったらやるべき基本事項
「アレクサ、本を読んで」Kindle本の読み上げにAmazon Echoが対応
雪道を走ってわかったスバル『XV』の走行性能の高さと課題
Amazonが「タイムセール祭り」開催するよ~!
日本の家電製品にほとんどついている「2つの穴」、そんな大きな意味があるなんて知らなかった!=中国メディア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加