ARMチップ搭載のWindows 10ノートパソコンはこんな感じなのか

ARMチップ搭載のWindows 10ノートパソコンはこんな感じなのか

  • iPhone Mania
  • 更新日:2017/12/08
No image

HP、Asus、Lenovoの3社は、これまで主にスマートフォンに使用されていたARMアーキテクチャを基盤とするQualcommのSnapdragon 835チップ搭載のWindows 10ノートパソコンを、来年発売します。

見た目はIntelコンピュータと変わらない

これまでノートパソコンにはIntelのCPUが搭載されるのが通例でしたが、QualcommとMicrosoftは5日、ARMチップを搭載した初のWindows 10ノートパソコンが来年発売予定であると発表しました。

ARMアーキテクチャの半導体チップは、Intelのx86アーキテクチャのチップと比べて省電力であると同時に、信頼のパフォーマンスと常時接続を提供する、と両社は主張しています。

ARMチップ搭載のHP Envy X2は、タッチスクリーン、Windows Hello、ペン入力をサポートしており、ディスプレイがキーボードから取り外し可能な点など、Intel Core i7を搭載したSpectre X2に見た目はそっくりです。

No image

HP Envy X2

AsusのARMチップ搭載ノートパソコンNovaGoは、普通のラップトップとほとんど変わらないように見えます。

No image

Asus NovaGo

使ってみてわかるARMチップ搭載ノートパソコンの特徴

ARMチップ搭載コンピュータは、Intelチップのものに比べて特に薄いわけではありません。冷却ファンがついていないのも最近のIntelコンピュータと同じです。

HP Envy X2は、12.3インチ(1,920 x 1,280)のディスプレイに、8GBのRAM、256GBのストレージを搭載しており、Asus NovaGoのスペックは、13.3インチ(1,920 x 1,080)のディスプレイに、8GBのRAM、256GBのストレージとなっています。

ARMチップ搭載コンピュータの最も大きな特徴は、バッテリー駆動時間の長さにあるといわれています。

Qualcommによると、ARMチップ搭載コンピュータは、バッテリーが最大25時間持続するにも関わらず、その起動の速さとパフォーマンスはIntelコンピュータと同等だとのことです。

また、QualcommのSnapdragon 835は、無線モデムがSoC内に埋め込まれているため、通信速度が段違いに速いといわれています。ARMチップ搭載のWindows 10ノートパソコンには、2017年にリリースされたSamsungのGalaxy S8や、GoogleのPixel 2などのAndroidスマートフォンと同じく、X16 LTEモデムが搭載されています。

Source:The Verge
Photo:Asus NovaGo/PCMag,HP Envy X2/PCMag
(lexi)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
スマートスピーカーを安易にプレゼントしないほうが良い理由
【衝撃】現役NASA宇宙飛行士「月に行く技術はもうない、不可能」と爆弾証言! 有人月面探査の真実とは?
【本日のセール情報】Amazonタイムセールで80%以上オフも! 3WAYビジネスバッグやいびき防止サポーターがお買い得に
アマゾンアレクサが家に来て分かったこと驚いたこと
とにかくスゴい!DIME最新号の特別付録『3DIMENSIONS VR GLASS』の遊び方
  • このエントリーをはてなブックマークに追加