大量の乾燥大麻が自宅に “町おこし”で栽培許可

大量の乾燥大麻が自宅に “町おこし”で栽培許可

  • テレ朝news
  • 更新日:2016/10/17
No image

男は町おこしのために大麻草を栽培していました。

上野俊彦容疑者(37)は4日、鳥取県智頭町の自宅で、乾燥大麻88グラムを隠し持っていた疑いで逮捕されました。厚生労働省の麻薬取締部によりますと、上野容疑者は、県の許可を得て大麻草を栽培し、しめ縄や加工食品などをつくっていました。麻薬取締部は、上野容疑者が所持していた大麻は栽培していたものとは違うとみて、入手ルートを調べています。上野容疑者は容疑を認めています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
タクシーが病院に...亡くなった男性の仮通夜
大型トラックにはねられ小2死亡 「79歳のアルバイト」に同情する人も
地下鉄の階段に軽ワゴンが誤って進入 東京
地下鉄の階段に車=50代男性「駐車場と勘違い」-東京
狂乱のASKA逮捕劇! その裏で、NHKクルーが怪しげな行動......「一目散に現場を離れていった」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加