『人殺しの息子と呼ばれて...』勇気ある告白に大きな反響 - 取材者が明かす衝撃インタビューの裏側

『人殺しの息子と呼ばれて...』勇気ある告白に大きな反響 - 取材者が明かす衝撃インタビューの裏側

  • マイナビニュース
  • 更新日:2017/10/22
No image

●頭の回転はものすごく良いと感じた

フジテレビのドキュメンタリー枠『ザ・ノンフィクション』(毎週日曜14:00~ ※関東ローカル)で、15日に衝撃の番組『人殺しの息子と呼ばれて…』が放送された。2002年に発覚した北九州連続監禁殺人事件の犯人の息子(24歳)が、初めてメディアのインタビューを受けたもので、その想像を絶する証言の数々に大きな反響が集まった。

取材をしたのは、フジテレビの張江泰之チーフプロデューサー。きょう22日に放送される「後編」を前に、今回のインタビューが実現した経緯や、実際に対面した息子の印象、さらには「前編」放送後の本人の反応なども聞いた――。

メディアが報道を差し控えたほどの残虐な方法で、犯人の親族ら7人が殺害され、日本の犯罪史上、類を見ないと言われた北九州連続監禁殺人事件。逮捕されたのは、松永太死刑囚と、内縁の妻・緒方純子受刑者(無期懲役)で、2人の間に生まれたその息子が、今回『ザ・ノンフィクション』の取材に応じた。

両親が逮捕され、保護された当時は9歳。「前編」では、幼いながらの記憶で目撃した事件の真相や、自らが受けた両親からの虐待までを明かし、"人殺しの息子"が背負った悲しい過去の勇気ある告白に、前編の放送後には衝撃と同情、共感の声があがった。

○"謝罪"受けて態度が変化

インタビューが実現したきっかけは、同局で今年6月に放送された特番『追跡!平成オンナの大事件』。北九州連続監禁殺人事件を追跡取材したものだが、この放送に対して、息子がフジテレビに抗議の電話を入れてきた。通常の視聴者センターでの対応では収まらず、担当プロデューサーの張江氏が、直接対話することになったのが、彼との出会いだ。

張江氏は「彼は、平日昼の11時くらいから、延々と思いの丈を私にぶつけてきました。『なぜあの事件をいつまでも取り上げるのか。ネット上で自分まで非難されて迷惑をしている。本気で番組を作るのであれば、どうして自分のところに取材班が来てくれなかったのか?』と言ってきたんです。たしかに、あの番組は両親を知る人たちを中心に追跡取材することに多くの時間をかけましたが、当時9歳だった子供を取材するのは、事件を蒸し返すことになり、あえてやめようと判断したのです。でも、私は、息子の言い分も分かりましたので、『ごめんなさい。本当に申し訳なかった』と謝ったんですよ。そしたら、息子はまさか謝罪されるとは思わなく、とても驚いたようでした。そして、そこから態度が変わったんです」と振り返る。

その後も電話で何十時間にわたって会話を重ねるが、息子はいつも二言目に「大人は信用できない。どうせあなただって、この電話が終わって縁が切れたら関係ない人になるし、深い付き合いなんかもできるわけないじゃないですか」と言っていたそうで、「相当人間不信で生きてきたんだなっていうのを電話口で強く感じました」という。

一方で、「時折、理路整然とこちらを追い込んでくるようなしゃべり方もしてくるんです。両親が逮捕される9歳まで、小学校には通わせてもらえなかったのですが、頭の回転はものすごく良いと感じました」という印象も。これは皮肉にも、被害者をマインドコントロールしていた父親に似ているところもあると、本人も認識しているようだ。

○肉声を公開するリスクも負って

そうして、1週間にわたるやり取りを経て、息子は覚悟を決め、「自分の人生をこのまま隠して生きるより、きちんと世間に伝えたい」という思いで、番組のインタビューを承諾。その思いを伝えるために、音声加工はせず、肉声を公開するというリスクまで負った。そんな彼の決意に対し、張江氏は「動きのある映像は撮れないけれど、君の24年間の人生を1時間だけで伝えることはできないから、一か八かだけど2週連続で放送する覚悟でやってみせる」と応えたという。

『ザ・ノンフィクション』では、常に40ものチームが同時に動くディレクターたちが取材し、チーフプロデューサーはそれを統括する立場だが、こうした経緯もあって、極めて異例ながら、今回は張江氏自らがメインで取材することになった。

「このインタビューをただ普通に『1人の青年がフジテレビに語ってくれました』というところから始めたとしても、伝わらないような気がしたので、取材プロセスも含めて全部明かした上で、私の1人称で語るスタイルにしました。息子は私に対して誠心誠意答えてくれたと思うので、『自分も君のために逃げも隠れもしないぞ』という気持ちで、姿を出す形になりました」と説明する。

●前編放送後に出た言葉…「やっと報われる」

○取材を通して親子のような関係に

前編の放送では、息子が目撃した残忍な犯行の表現も語られたが、「日曜日の昼間に流すことは躊躇(ちゅうちょ)しましたね。実際に視聴者の方からのクレームもあったんですが、そこを抜きには語れない」という判断で放送。後編では、母・緒方純子受刑者から届いた手紙を初公開し、父・松永太死刑囚との面会の様子も明かされる。

ここで不思議なのは、前編では母親に対して、比較的強い口調で「すごく嫌いなんです」と嫌悪感をあらわにしていたが、その母からの何十通もの手紙を、捨てずに保管していたことだ。張江氏はこの疑問に対して、「そこが愛憎ですよね」と解釈。「最初は私に『捨てたからもう無い』って言ってたんですが、2回目に会った時にカバンから出して、『これを煮るなり焼くなり使ってください』って渡してきたんです。でも、封筒の破り方がひどくて、そこに彼の感情がものすごく表れていると思いました」と振り返る。両親にはいずれも面会に行っているが、回数は圧倒的に母親が多いという。

また、10時間にわたるインタビューを後編まで見ていると、息子のある変化に気づく。張江氏に対して、だんたん"タメ口"で答えるようになっているのだ。それは、心を開いていったことの表れで、最近では何かあるごとによく電話がかかってくるという。

今年50歳の張江氏とは、ちょうど親子ほどの年齢差。父親の愛情を全く受けずに育ってきた彼にとって、まるで親代わりのような存在となっており、「『これをきっかけに、出版社とかから発信することがあったら、張江さん付き合ってくださいね。すごい不安だから裏切らないでください』とも言われました。後編では、養護施設を出てから世の中のひどい仕打ちにあったことを語っていますが、またそんな経験をするんじゃないかという恐怖心があるんですよね」と思いやる。張江氏は彼のことを、本名の下の名前で呼んでいるそうだ。

前編の放送が終わり、反響を伝えたときの息子の反応はどうだったのか。「『放送が無事に終りました。Twitterの反響もすごいです』とLINEで送ったら、それに対して『ありがとうございます。どんな意見が寄せられているか教えてください』って返ってきたんです。それで、『見る限りでは共感が多いよ』と送ったら、彼がこんなことを言ってくるのは初めてなんですけど、『よかった。本当にいい映像を作ってくれてありがとうございます。やっと報われる』って書いてきたんですよ。この"報われる"というひと言は重いですね…」と、驚きとともに、胸を締め付けられるメッセージが届いたそうだ。

○同じ境遇の人たちに「少しでも勇気を」

今回のインタビューを受けた背景には、自身以外にもたくさんいるであろう、犯罪者の子供として"日陰"の人生を送ってきた境遇の持ち主に対して、自らがテレビに出て話すことで「少しでも勇気を与えたい。1人で悩まないでほしい」という思いもあったそう。これまで、メディアが犯罪者の子供に焦点を当てることもなかったことから、強い決意があったようだ。

犯罪被害者のネットワークは存在するものの、加害者の幼い子供が同様の組織を作ることは不可能に近い。また、殺人の被害者遺族には、現行で最高3,000万円の給付金制度がある一方で、犯罪者の子供は1銭も支援されない。理不尽さを感じる制度だが、「後編」の放送日は偶然にも衆議院総選挙の投票日でもあり、張江氏は「この番組を見て、こういう現実もあるということを知った上で、投票の参考にしてもらってもいいかもしれませんね」と話した。

●宮崎勤に金正男も…フジテレビでスクープ連発の背景は?

○『ザ・ノンフィクション』の改革

そんな張江氏は、NHKで『クローズアップ現代』や『NHKスペシャル』で、文化庁芸術祭やカナダ・バンフテレビ祭など、数々の受賞歴を持つエースディレクターだったが、フジテレビに中途で12年前に入社。「NHKはやっぱり自分が作りたいものを作るんですよ。でも、視聴者にいかに見てもらうかという競争の中で、自分の力を確かめてみたいと思ったんです」と振り返る。

『ザ・ノンフィクション』を担当したのは3年前からだが、当時は視聴率が低迷。そこで、「時間をかけて『いい番組ですね』と評価されてはいたんですけど、時間をかけすぎることで時代の空気とかけ離れている企画が出ていたと反省し、視聴者が何を求めているのかということを相当意識するようにしました」と改革に乗り出した。

具体的には「日曜の午後2時の大票田であるF3(女性50歳以上)を取り戻そうということで女性目線のネタに徹底して、昨年は同時間帯で1位になりました」と成果が。そこから視聴習慣がつき、現在は「今回のようなある種の"冒険"もして、社会的なテーマを考えていく企画を散りばめています。ただ、今何を求められているのかということは、四六時中考えていますね」と余念がない。

○フジテレビ復活へ報道・情報番組も汗を

最近、フジテレビでは、東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件(1988~89年)の宮崎勤元死刑囚の取り調べでの肉声や、今年暗殺された金正男氏の生前最後の映像、そして今回の北九州連続監禁殺人事件犯人の息子へのインタビューと、報道・情報部門でスクープを連発している。

その背景について、張江氏は「とにかくフジテレビの再生を図るには、ドラマとバラエティの復活はもちろんであるが、一方で報道と情報でどれだけ自分たちが汗をかいたものを見せられるかということで、信頼を回復していくしかないだろうという話をよくしてます」と説明。

「報道局でスクープがあれば、われわれ情報制作局も『頑張らなきゃ!』ってなるし、情報が頑張れば、報道も『次は俺たちだ!』って刺激になる」と、相乗効果による"フジテレビ復活"へ力を込めた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テレビカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
“バブリーダンス”女子高生ダンス部「ダンシング・ヒーロー」で荻野目洋子とMステ出演 胸熱コラボに反響殺到
梨花がテレビから姿を消した理由が明らかに!
小田和正が贈る恒例ライブ番組『クリスマスの約束』今年も放送
新SMAP「新しい地図」、強力な“助っ人”の登場で一気に露出度高める可能性! 業界注目のしたたか戦略とは?
石橋貴明の「マジギレぶり」に、視聴者ドン引き!?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加