経団連が平成31年春入社以降も3月説明会、6月面接に

  • 産経ニュース
  • 更新日:2016/12/01

経団連は1日までに、現在の大学2年生らが対象となる平成31年春入社以降の就職活動指針について、今年から始めた3年生の3月に会社説明会、4年の6月に面接解禁とする日程を維持する方針を固めた。来週開催の会長・副会長会議を経て来年1月に決定する。

経団連は28年春入社の就活で指針を変更したが、大混乱を招いた。このため、29年春入社では3月説明会、6月面接解禁に再変更した。30年春も同日程とするが、企業からは見直し要望が出ていた。

31年春入社の見直し作業をめぐっては説明会開始を早めるなどが検討されたが、日程変更が続いた反省から日程を定着させることを優先させた。

さらに、これまでは「5日間以上」としていたインターンシップ(就業体験)も、十分に職業体験できることを条件に1日での開催も可能にする。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ドローン操れぬ自衛隊の時代遅れ度 「駆けつけ警護」に死角あり
“ワンオペ”で叩かれた「すき家」のいま
米国の新たな法律により、コードのクルマが2017年に復活
「極ZERO」酒税騒動を振り返る 発泡酒? 第3のビール?
ユニクロ潜入記者 横田氏解雇される
  • このエントリーをはてなブックマークに追加