天才テリー伊藤対談「立川志らく」(2)才能が出る時ってトントン拍子だね

天才テリー伊藤対談「立川志らく」(2)才能が出る時ってトントン拍子だね

  • アサ芸プラス
  • 更新日:2017/12/07
No image

テリー 最初に落語に触れたのは、いつですか。

志らく 父親の影響で、小学生の時からです。ただ、その頃好きな名人はみんな亡くなっていましたし、同時に映画も好きでしたから、そもそも落語家になりたいとも思ってなくて。

テリー あらら(笑)。それがまた、どうして?

志らく たまたま大学生の時に、馬生師匠が亡くなる前の高座を観たんです。いちばん前の真ん中の席だったんですが、まあ声は出ないし、途中で絶句しちゃうしで、落語としてはボロボロだったんです。でも、なぜかすごくカッコよくって、感動したんです。「もう、この人の弟子になろう!」って。でも、その10日後に馬生師匠は亡くなられてしまって。

テリー すごい、そんな状況でも高座に上がっていたんですね。

志らく その後、寄席に行ったら談志が落語をやらずに、馬生師匠の思い出を語ってたんです。それがまたカッコよかったんですよ。客に「落語やれ!」ってヤジられても、「馬生さん死んじゃったのに、できねえよ」って、悲しみにあふれててね。それが、強烈な印象として残ったんです。

テリー それまで、談志師匠のことはどう思われていたんですか?

志らく 全然好きじゃなかったですね。落語家といっても、当時の談志はあまり落語をやっていなかったし、「どうせ、タレント議員だろ」なんて思ってて、まったく眼中になかったんですよ(笑)。

テリー アハハハハ! そこからのスタートなんだ。

志らく でも、それからあらためて談志の落語を聞きに行くと、本気でやる時はすごい落語を見せてくれて、自分が追い求めていた名人と同じ空気を出していたんですね。それで弟子になろうと、大学1年の時に日大芸術学部の落語研究会に入るんですが、4年の夏合宿に高田文夫先生が遊びに来たんですよ。

テリー ああ、日芸落研のOBなんですよね。

志らく ええ。で、いきなり「お前ら、落語やれ。俺を笑わせろ」と言われまして。みんなでやったあと、最後に私にだけ「お前、落語家になれ」と。

テリー さすが高田さん、才能への嗅覚がすごいね。

志らく その時、高田先生に「誰の弟子になりたいんだ?」って聞かれたんです。頭には「談志」の名前があったんですけど怖いし、立川流ができたばかりで寄席に出なくなった時でしたから、躊躇しつつも、はずみで「先生と同じです」と。先生と(ビート)たけしさんが、談志の弟子になった直後だったんですよ。

テリー ああ、立川藤志楼(高田)、立川錦之助(たけし)の名前をもらっていたね。

志らく そしたら「いい了見だな。お前、もう間違いなく売れるよ」と。で、夏休みが終わったら、本当に談志のところに連れてってくれて、「俺の子分なんです、弟子にして。才能はありますから」「よし、わかった」というやり取りで、あっという間に弟子になっちゃったんです。

テリー トントン拍子じゃないですか。でも、才能が外に出て行くっていうのは、こういうことなのかもしれないね。

志らく 談志に「まだ大学生なんです」と伝えると、「まあ、程よくやっとけ」とか言われましたけど、「通いで毎日来い」ってなっちゃったので、結局、親に内緒で退学届を出してやめちゃったんです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
中村愛、ビキニから下乳出すぎに「サイズが合ってないんじゃない説」
かつて「世界一美しい少女」と呼ばれた6才児 → 10年後にこうなった / 再び「世界で最も美しい顏」に! ティラーヌ・ブロンドーさん(16)
太川陽介の妻・藤吉久美子、不貞疑惑よりも「56歳の美肌」が注目の的に!
インパルス板倉、高月収も「地獄は来年2、3月」
某人気芸人、各局が一斉に起用自粛か...収録中にキレて制御不能、ウケる若手許せず
  • このエントリーをはてなブックマークに追加