横浜の齋藤学が”ライバル”川崎へ完全移籍!「恩を仇で返してしまうが...」「また一から自分を作っていきたい」

横浜の齋藤学が”ライバル”川崎へ完全移籍!「恩を仇で返してしまうが...」「また一から自分を作っていきたい」

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2018/01/12
No image

右ひざ前十字靭帯を損傷し、現在はリハビリ中の齋藤。等々力のピッチに立てるのは春以降となる。写真:田中研治

1月12日、横浜F・マリノスに所属する齋藤学が川崎フロンターレに移籍すると、両クラブから発表された。

2014年のブラジルワールドカップに出場した齋藤は、小学生の頃から横浜の下部組織で育ってきた生え抜きプレーヤー。緩急の効いたドリブルで攻撃の中核を担い、昨季は中村俊輔(磐田)が背負った背番号10を継承し、主将としてチームに欠かせない存在として活躍した。しかし、昨年の9月23日に行なわれたJ1リーグ27節の甲府戦で負傷。現在は右ひざの前十字靭帯損傷からの復帰を目指し、リハビリを行なっている最中だ。

齋藤は横浜でお世話なった方々に対し、クラブを通じてコメントを発表。
「8歳から育ててもらい、愛媛FCでの1年を除き18年間お世話になったF・マリノスを離れる決断をしました。昨年、キャプテン、10番と責任をもらいながらも、不甲斐ないプレーや満足のいく結果を残せない僕に、たくさんの声援を送っていただいたこと。9月の大怪我の際も、本当にたくさんの声、手紙、千羽鶴、ビックユニフォーム。本当に本当に勇気付けられ、辛いリハビリも日々続けてこれました。

この移籍は、その恩を仇で返してしまうことになってしまいました。僕はこの移籍を挑戦と捉えてます。より難しいところにチャレンジしたいという想いが、今まで育ててもらったクラブでもない、キャプテンでもない、また一から自分を作っていきたいという想いが、F・マリノスを離れるという決断を後押ししました。F・マリノスで、優勝するという想いは道半ばにして僕はチームを離れますが、横浜F・マリノスというクラブが強くなっていくことを願っています。

選手、スタッフ、会社の方々、ファン・サポーター、スポンサーの企業の皆さまへ感謝の想いとF・マリノスに関わる皆さんに良き日が訪れますように。今まで育ててくれたマリノスアカデミーのコーチたち、ここまで成長させてくれてありがとうございました。どんな時でも諦めず、最後まで一緒に闘ったファン、サポーターの皆さん、今まで本当に多くのご声援をありがとうございました」
と、これまでのサポートに感謝の意を伝えた。

そして、移籍先となる川崎に対してもクラブを通じ、「横浜F・マリノスから移籍してきました齋藤学です。まずはしっかりと怪我をなおし、最高のプレーができるよう頑張ります。応援よろしくお願いします」という簡潔な言葉で決意を述べた。

同じ神奈川のライバルチームに籍を移した齋藤は、新シーズンにどのようなプレーを見せるのだろうか。今季のパフォーマンスに注目が集まる。

【甲府 3-2 横浜 PHOTO】甲府のカウンターサッカーが炸裂。J1残留に向けて価値ある勝利を挙げる

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
川崎F大島僚太、昨年9月に結婚「引き続き全力で」
大久保嘉人、齋藤学...大型補強で王者・川崎Fはどこまで強くなるか
大島僚太、昨年9月に入籍していた「発表を控えさせていただいて...」
INAC神戸・新加入のMF李ミ雅がミニスカ&ハイヒールで登場
連続ドリフト世界記録が更新! ツインドリで給油する荒業 8時間に渡って滑り続ける
  • このエントリーをはてなブックマークに追加