元関脇琴錦の朝日山親方が辛口解説、大相撲名古屋場所はここを見よ!

元関脇琴錦の朝日山親方が辛口解説、大相撲名古屋場所はここを見よ!

  • 日刊大衆
  • 更新日:2018/07/13
No image

「史上最強の関脇」と称された、元琴錦の朝日山親方。豊富な取材と人脈、鋭い洞察力で、熱戦続く名古屋場所を大胆予測してもらった。(取材・文/武田葉月 ノンフィクションライター)

関連:F1相撲とポプテピピックネクタイでお馴染みの元関脇・琴錦が辛口発言連発!春場所「見逃せないマル秘裏側」(週刊大衆3月26日号)

――夏場所後、関脇・栃ノ心(30)が大関に昇進。「新大関で優勝!」との声も上がっていますね!

朝日山(以下、朝)ありえるんじゃないでしょうか? 大関昇進の目安は、直前3場所の成績が33勝以上なんですが、栃ノ心の場合は37勝している。初場所、14勝1敗で初優勝してから、ノリに乗っています。2度目の優勝を果たせば、一気に横綱への道を切り開くことも可能。ここで重要なのは、「大関に昇進した」ことに安心しないことですね。

――「勢いも味方につけろ!」ということですね。

朝 その通り。優勝31回の大横綱・千代の富士関は、昭和56年初場所、関脇で初優勝。翌春場所に大関昇進して、その年の秋場所では横綱になった。つまり、1年で関脇から横綱にジャンプアップしたわけです。今の栃ノ心なら、その可能性もありじゃないかと。

一方、先場所4回目の優勝を果たした鶴竜(32)、優勝40回の白鵬の両横綱も場所前、元気に稽古をしていました。白鵬は4月の春巡業中には、モンゴルの大英雄でもある親父さん(ムンフバトさん)を亡くして、失意のどん底にいた。そんな中で迎えた夏場所、序盤戦は気持ちが乗っていかなかったものの、「中盤からスイッチが入った」そうなんです。12日目の全勝の栃ノ心との一番は、自分のケガの回復具合を占う意味でも大切な相撲。結果的にはがっぷり四つに組んで力負けしてしまったけれど、「まだ、やれる! という手応えをつかんだ」と、私に話してくれました。また、鶴竜は優勝回数を重ねて自信をつけてきました。ただ、相手力士を引いてしまう悪いクセがあって、相撲が雑な一面がある。5日目までに波に乗れるかに、かかっているでしょう。

――彼らが優勝争いの中心になりそうですが、それに割って入りそうな力士は?

朝 大関・高安(28)、豪栄道(32)には、頑張ってほしいんですけどね。栃ノ心の話に戻りますが、四つに組んだときの彼の地力はものすごい。白鵬も白旗を上げたほどですから。ただ、今のままだと相撲のパターンが少ない。突っ張りを利用しながら、離れて取る相撲を身につけたほうがいいでしょうね。そういう意味ではケンカ四つで、突き押し相撲を得意とする高安との対戦が、栃ノ心が今後飛躍するか否かのカギとなる。

そして、「大関候補」の御嶽海(25)、逸ノ城(25)の両関脇ね。御嶽海は昨年から関脇に定着しましたが、気持ちが「守り」に入り、勝ち越すのがやっとの状態が続いています。本来、押し相撲なのに二本差しに行ってみたり、相撲に迷いもある。あまり稽古が好きじゃない点も気になるなぁ。その点、逸ノ城は一門の横綱・鶴竜とふだんから稽古したり、稽古相手に恵まれています。ただ、気持ちの優しい子だから、一つつまずくと、連敗するのが難点。「太り過ぎ」を指摘されてのダイエットも成功したのか、してないのか(笑)。

――両関脇は炭水化物ダイエットを実践して、体調がいいという話もあります。

朝 エッ? 炭水化物ダイエットなんかやってるの? それは力士にとって、どうなんだろう? ヘトヘトになるまで稽古をすると、普通、昼のチャンコなんか口に入っていかないもの。私と同じ時代に活躍した200キロ超えの小錦関だって、稽古量を増やすことで体重を落としていましたよ。本来なら、食べて稽古をして力士の体を作るんですが、今は圧倒的に稽古量が不足している。さらに、全体的に骨も細いからケガしやすいし、これじゃあ「ブロイラー力士」なんて言われても仕方ないかもしれないね。

■元横綱・大鵬の孫や朝青龍の甥にも注目

――(苦笑)。若手では、先場所、初の上位対戦で横綱・白鵬を倒した阿炎(24)は面白い存在ですね。

朝 殊勲賞インタビューでの「お母さんに電話したいので、帰っていいですか?」という発言ね(笑)。いかにも「今どきの若者」って感じだけど、なんか憎めないんだよなぁ。この間、花田虎上さんと阿炎の話になったんですが、「あれはめんどくさいタイプ。自分は当たりたくないなぁ」と言ってましたよ(笑)。阿炎は今場所も横綱・大関戦が組まれますが、2回目の挑戦になる今場所は、負けた相手に対してどう研究してきたか、真価が問われるでしょうね。

また、三段目で注目を集めるのが、元横綱・大鵬関の孫で元関脇・貴闘力関の三男の納谷(18)と、元横綱・朝青龍の甥の豊昇龍(19)。貴闘力関からも「ウチの息子、どう思う?」と聞かれたんですが、体が大きいから(188センチ、166キロ)幕下20枚目くらいまでは、すんなり行くでしょう。でも、勝負はそこから。当たる力をもっと強くして、突っ張りを身につけるなど、自分の武器を持ちたい。

細身の豊昇龍は相手を投げてばかりじゃダメ。叔父さんも若い頃は細かったけど、突っ張りがあったから、体が大きくなって横綱を張れたんです。場所前、豊昇龍は叔父さんのライバルだった白鵬の胸を借りたそうだけど、いずれこの2人が白鵬、鶴竜らを脅かす日が来るんじゃないかな? 白鵬は「2020年の東京オリンピックまで現役を続ける」と張り切っているから、今から楽しみですね(笑)。

あわせて読む:加藤綾子や有働由美子も絶好調!? 人気女子アナ「放送事故級」ハプニング

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

大相撲カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
御嶽海、豪栄道破り初V王手!出羽海部屋勢で38年ぶり賜杯へ/名古屋場所
御嶽海、悔しさ1敗「大関に勝たないと意味ない」
【玉ノ井親方 視点】高安 全勝止めてやろうという執念実った
高安、御嶽海に土つけた!大関の意地でかど番脱出/名古屋場所
白鷹山 貴公俊との無敗対決を制して7勝全勝で幕下優勝!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加