格安スマホに対抗! ドコモ、約650円のオリジナルスマホ「MONO」を投入

格安スマホに対抗! ドコモ、約650円のオリジナルスマホ「MONO」を投入

  • RBB TODAY
  • 更新日:2016/10/19
No image

ドコモは19日、2016年冬モデルのスマートフォンを発表。新しいラインナップに含まれるオリジナル端末の「MONO/MO-01J」に注目したい。発売予定時期は12月上旬。端末価格は648円(税込み)で、格安スマホやMVNOの対抗モデルとして投入する。

同機は入門層にターゲットを当てて開発されたAndroid 6.0搭載のスマートフォン。“必要十分”なベーシック機能を一通り揃えながら、シンプルな使い勝手と上質なデザインを追求したバランスの良い端末に仕上がっている。シリーズ名の「MONO」は“もの・ひとつの・ドコモの”に由来。手に取るユーザーにとって「大切なもの」になれるよう、細かい所まで丁寧に作り込んだという意味が込められているという。製造メーカーはZTE。価格は税込648円(12ヵ月以内に解約の場合、違約金が発生する)。

画面サイズは約4.7インチ、iPhone 7と同じサイズだが、画素数は1280×720のHD対応となり、iPhone 7よりはやや簡易な仕様。質量は約138g。カラバリはブラックとホワイトの2色。ガラスとアルミ素材を組み合わせたデザインが「GOOD DESIGN AWARD 2016」を受賞している。

CPUにはオクタコアプロセッサーを採用。RAMは2GB、ストレージ容量は16GB。外部記憶媒体としてmicroSDメモリーカードが利用できる。バッテリー容量は2440mAh、microUSB B端子の一般的はケーブルで充電する。

メインカメラには13MPのセンサーや広角レンズを搭載。インカメラは5MP。音楽再生はイヤホンジャックからのハイレゾ再生が可能。

赤外線通信、フルセグ/ワンセグには非対応だが、本体は防水・防塵仕様。生体認証系のセキュリティ機能は搭載しない。側面にマナーモードスイッチを設けて、画面を見ずにマナーモードに切り替えられるスマホとして特徴をアピールする。日本のユーザーに最適化された仕様をふんだんに取り込んだハイCPスマホの誕生だ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
5年以内に暗闇でも見えるようになる赤外線メガネが実現するかもしれない
無料でレスポンシブサイトをクリックだけでデザインしてダウンロードも可能な「Launchaco」
回転数1.5倍アップで作業時間を短縮、パナソニックの7.2V対応『充電スティックドリルドライバー』
ポケモンGOの「謎の仕様変更」 広告ビジネス本格化の予兆か
【天才かよ】Amazonが「レジのないコンビニ」をオープン! 商品を持ち帰るだけで清算完了!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加