「イスコがいると...」ジダン監督が大一番での起用意図を明かす

「イスコがいると...」ジダン監督が大一番での起用意図を明かす

  • ゲキサカ
  • 更新日:2018/02/15
No image

[2.14 欧州CL決勝T1回戦第1戦 R・マドリー3-1パリSG]

レアル・マドリー(スペイン)は14日、UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)決勝トーナメント1回戦第1戦でパリSG(フランス)をホームに迎え、3-1で逆転勝利を飾った。試合後にジネディーヌ・ジダン監督が記者会見で語った内容をスペイン『アス』が伝えている。

レアルはこの大一番でMFガレス・ベイルではなく、MFイスコが先発出場。MFカゼミーロ、MFトニ・クロース、MFルカ・モドリッチの前にポジションを取ったイスコは中盤を自由に動き回り、序盤から前線のFWカリム・ベンゼマやFWクリスティアーノ・ロナウドに好パスを供給した。

ジダン監督はイスコの起用意図について「イスコがいると、ボールのコントロールがしやすくなる。相手の中盤が3人だったのに対し、こちらは4人揃えた」と説明。「イスコはとてもよくやってくれた」と働きぶりを称えている。

「勝利にふさわしかったように思う。とにかく私たちは結果をもとめていたし、実際に勝利することができた。自分たちの特徴がよく出せたと思う。支えてくれるファンがいたおかげだ」

第1戦を3-1で制したレアルはベスト8進出に大きく前進した。それでも指揮官は「3-1で勝ったからといって、それで勝ち抜けが決まるわけではない。まだ第2戦がある。慢心せずに戦わなければならない。次の試合は全く別物だ。苦しめられる展開になるだろう」と気を引き締めている。

●欧州CL17-18特集

●リーガ・エスパニョーラ2017-18特集

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
まだまだ続く! 仮想通貨 ICOバブルの行方『NOAH COIN のICO』
もし赤ちゃんのオリンピックがあったら...っていう動画がカワイすぎ! 雪上の競技に挑む姿にネット民はメロメロ
イヴァンカ補佐官、五輪のスノーボード競技を観戦
男子スキークロスでカナダ代表が骨盤を骨折 ジャンプのあと空中でバランスを崩す
ダレノガレ明美、自分にそっくりとの噂のフィギュア選手への共感を明かす
  • このエントリーをはてなブックマークに追加