最新ランキングをチェックしよう
働き方改革で業務量や残業時間が減る人がいる一方で中間管理職の負担が増えているという矛盾

働き方改革で業務量や残業時間が減る人がいる一方で中間管理職の負担が増えているという矛盾

  • @DIME
  • 更新日:2019/10/20

今年4月より順次適用されている働き方改革関連法。これによって業務量や残業時間が減るなど、仕事の負担が軽減されたビジネスパーソンも少なくないだろう。
しかしその一方で、中間管理職の負担が増大しているという事実がこのほど、株式会社パーソル総合研究所の調査によって明らかになった。
働き方改革で業務量が増す中間管理職
はじめに昨年2018年から働き方改革が進んでいる企業群と進んでいない企業群を比較すると、

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
JR西日本、新型ホームドア開発 扉位置に合わせ開閉
非営利団体や学校向けの「.orgドメイン」が管理団体ごと私企業に売り払われてしまったことが判明
日本企業はバカか...! いまこそ「終身雇用」が大切である決定的理由
ヤフーとLINE、ここからの大再編で「危なくなる会社」の名前
「スバル360」が60年経っても未だに現役な理由
  • このエントリーをはてなブックマークに追加