最新ランキングをチェックしよう
京王が最近「調子がいい」背景 ライバル・小田急は複々線化を果たしたが...

京王が最近「調子がいい」背景 ライバル・小田急は複々線化を果たしたが...

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2018/12/12

京王電鉄が、このところ調子がいい。調子がいいというのは、つまりは株価の話だ。
2018年12月3日には6390円をつけ、1990年3月以来、約28年ぶりの高値を記録。その後も堅調に推移している。ライバルの小田急電鉄に乗客があまり流れず、業績も良好なことなどから、有望な内需株として買いが入っているようだ。
上半期の決算は過去最高に
まずは足元の株価を下支えしている2018年9月期中間連結決算(11月

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
経営の根幹を変える「人事部+Excel」という意外な組み合わせ
日産、ルノーによって日本人取締役“全員解任”の最悪シナリオも現実味
旅行にピッタリ!折りたたみ可能なコンパクト電動バイク「ORGO」
3000万人規模になった日本のインバウンドに求められる「中身の充実」
金融サービス大転換の主導権を握るキャッシュレス決済の覇者は誰だ? 「ペイペイ祭り」が号砲
  • このエントリーをはてなブックマークに追加