J・ローレンス、交際中のD・アロノフスキー監督を称賛 「マザー!」NYプレミア開催

J・ローレンス、交際中のD・アロノフスキー監督を称賛 「マザー!」NYプレミア開催

  • 映画.com
  • 更新日:2017/09/15
No image

“ブラックカーペット”を歩いた ジェニファー・ローレンスら (C)2017 Paramount Pictures. All rights reserved.

オスカー女優ジェニファー・ローレンス主演のサイコミステリー「マザー!」の米ニューヨークプレミアが9月13日(現地時間)、ラジオシティ・ミュージックホールで行われた。ローレンスと共演のハビエル・バルデムダーレン・アロノフスキー監督らは、集まった200人以上のファンの声援に応えながら、作品をイメージした漆黒の“ブラックカーペット”を歩いた。

劇中衣装を思わせるクリスチャン・ディオールの純白のドレスで登場したローレンスは、今作への出演理由について「まず監督が誰かということ」と交際中のアロノフスキー監督の手腕を称え、「ストーリーに共感できるか、チャレンジ精神を刺激されることも大切。演じることに恐れを感じないようならやってもつまらない」と明かした。

一方のアロノフスキー監督は、ローレンスにオファーした当時のことを「今までの彼女のイメージにはない作品だったし絶対に受けてくれないと思っていた」と振り返る。しかしいざ話をしてみると「作品をよく理解し出演を快諾してくれた」といい、「彼女はこの作品にすべてを捧げてくれたんだ」と役者としての姿勢を絶賛している。

映画は、郊外の一軒家に住む夫婦の穏やかな生活が、不審な訪問者たちによって一変するさまを描いた。アロノフスキー監督ならではの緻密な心理描写とスリリングなタッチで、現実とも妄想ともわからない世界を映し出す。

アロノフスキー監督は、今作を「説明しすぎるとネタバレになってしまうけど、この作品は見た人が色々なテーマや意味合いを見出して楽しむ作品。頭で考えて、感じて、耳を澄ますことで作品の表情が常に変わってくる」と解説し、「観客をドキドキハラハラさせると同時に楽しませたいと思ったんだ」と語っている。

マザー!」は、2018年1月19日から全国で公開。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
娘に触発されてコスプレを始めた60代夫婦が素敵すぎ!『スター・ウォーズ』『ワンダーウーマン』などに成り切る姿が話題に
9月19日の注目映画第1位は『オー・ルーシー!』
映画「銀魂」BD/DVDに4時間超の映像特典、「ミツバ篇」も同時リリース
「僕たちがやりました」トビオ(窪田正孝)たちの未来は...それぞれの結末に「最後まで闇だった」「リアルすぎる」と反響<最終話>
水原希子出演、映画『民生ボーイと狂わせガール』×anan×カルビー コラボ動画公開
  • このエントリーをはてなブックマークに追加