最新ランキングをチェックしよう
欧州為替:ポンド下げ渋りも、明日のCPIなどで売り再開に警戒

欧州為替:ポンド下げ渋りも、明日のCPIなどで売り再開に警戒

  • FISCO
  • 更新日:2016/10/18

株式会社フィスコ
 ポンド・ドルは、英国の欧州連合(EU)離脱に伴い単一市場へのアクセスを失う「ハード・ブレグジット」への懸念で前週は一時1.2100ドルを割り込んだ。足元では過度の懸念は後退しポンド売りは弱まっているものの、1.2100ドル台後半と安値圏推移が続いている。明日は英9月消費者物価指数(CPI)など複数の重要指標が発表される予定で、低調だと追加利下げに思惑が広がりポンド売り再開が見

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ヤマトHDに迫る「異常事態」 「取扱量が過去最高」でも喜べない
トヨタの新型SUV「C-HR」、発売1カ月で4万8000台受注
小高く寄り付き後は日経平均同様に方向感乏しい展開
日経平均は続伸、円安を好感して19000円台回復(訂正)
近づく「東芝解体」=相次ぐ事業売却
  • このエントリーをはてなブックマークに追加