最新ランキングをチェックしよう
1つの遺伝子から機能の異なるタンパク質が生じる仕組みを解明 - 九大

1つの遺伝子から機能の異なるタンパク質が生じる仕組みを解明 - 九大

  • マイナビニュース
  • 更新日:2017/11/14

九州大学(九大)は、遺伝子の転写を開始する位置(転写開始点)のコントロールが、転写や翻訳と並んで、真核生物の遺伝子発現制御における新しい普遍的なステップとして、タンパク質の種類の増加に少なからず寄与することを示したと発表した。

同成果は、同大 大学院農学研究院の松下智直 准教授、牛島 智一 特任助教、同大 情報工学部の花田耕介 准教授らによるもの。詳細は、米国科学誌「Cell」(オンライン版)に

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
乳児が「他者から触れられる」と脳の学習力に影響 - 京大
NASAが飛行士を突然交代、初のアフリカ系米国人ISSクルーは立ち消えに
腸内細菌を調べるのはくそ大変! 308人の大便を調べた研究結果
東大、作業記憶(ワーキングメモリ)の脳メカニズムを解明
【悲報】2月3日に超高層ビル級の小惑星「2002 AJ129」が地球とニアミス、ガチ衝突も!? 完全なる氷河期突入、世界は10年間“真っ暗闇”に

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加