サインツがルノーへレンタル移籍、パーマーはシート喪失

サインツがルノーへレンタル移籍、パーマーはシート喪失

  • AFPBB News
  • 更新日:2017/09/16
No image

17F1第14戦シンガポールGPの会場に到着したトロ・ロッソのカルロス・サインツ・ジュニア(2017年9月15日撮影)。

【AFP=時事】フォーミュラワン(F1、F1世界選手権)に参戦するルノーは15日、トロ・ロッソからレンタル移籍でカルロス・サインツ・ジュニアを獲得し、2018年シーズンのドライバーとしてニコ・ヒュルケンベルグとコンビを組むと発表した。

23歳のサインツがジョリオン・パーマーを追い出す形となった今回の動きは、マクラーレンが今季限りでホンダのエンジンを切り捨て、ルノーから供給を受けることに関連するものとなっている。

サインツは声明で、「自動車メーカーのチームでF1ドライバーになることは名誉だ。サーキットでは最高のパフォーマンスを披露し、ルノーの信頼に応えたい」とコメントした。

ルノーのマネジメントディレクターを務めるシリル・アビテブール氏は、トロ・ロッソの親会社であるレッドブルにサインツのレンタル移籍を感謝するとともに、過去2年間にわたるパーマーの献身をたたえ、「彼は献身的なドライバーだ。次のキャリアに踏み出す彼の活躍を祈っている」と述べた。

これに先立ち、マクラーレンはホンダとの関係を解消してルノーと手を組むと発表。これに伴いルノーとの提携を終了することになったトロ・ロッソは、ホンダからエンジン供給を受けることになった。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
よく考えてみると「日本って世界最強の島国じゃないか」=中国報道
Mステ特番で嵐・松本潤が櫻井翔との「不仲説」一蹴
水原希子、ノーブラで“トゥン”気にしない
iPhone Xにガッカリしたわけ
化粧すげぇ。メイク前とメイク後でこんなに違う、メイクアップ・ビフォア・アフター写真28枚
  • このエントリーをはてなブックマークに追加