『007』製作チーム「女版ボンド」映画にブレイク・ライヴリー!

『007』製作チーム「女版ボンド」映画にブレイク・ライヴリー!

  • シネマトゥデイ
  • 更新日:2017/08/11
No image

女版ボンドに!ブレイク・ライヴリー - 写真は4月撮影 - (2017年 ロイター/Carlo Allegri)

[ロンドン 13日 ロイター] - スパイ映画『007』シリーズの製作チームが、米女優ブレイク・ライヴリーを女版ジェームズ・ボンドに起用し、スパイスリラー映画『ザ・リズム・セクション(原題) / The Rhythm Section』を製作すると発表した。

ブレイクがサメに襲われる…【写真】

この作品は、英作家マーク・バーネルによる同名小説(邦題:堕天使の報復)を基にしたもので、飛行機の墜落で家族を失った主人公ステファニー・パトリックが、復讐のため暗殺者となり、飛行機を墜落させた犯人を追跡するというストーリー。

ライヴリーは、米人気TVドラマ「ゴシップガール」への出演で知られる。

ハリウッド・リポーター誌に発表された声明で、『007』シリーズ8作品を製作した映画プロデューサーのバーバラ・ブロッコリマイケル・G・ウィルソンは、「素晴らしく才能あるチームと仕事をすることを楽しみにしている」と述べている。

原作の「ステファニー・パトリック」シリーズは4作品あるため、第1作目が成功すれば、続編が製作される可能性が高い。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
上原多香子「不貞疑惑」が松本潤と井上真央の“10月”に影響を及ぼす?
山田孝之、映画プロデュース3作目で初の“裏方”専念 秋田でロケ
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』シネマ・コンサート“日本初上陸”
『スター・ウォーズ』シネマコンサート日本初上陸!『フォースの覚醒』をフルオーケストラで!
『スター・ウォーズ』シネマ・コンサートが日本初上陸!『フォースの覚醒』を生オーケストラで
  • このエントリーをはてなブックマークに追加