高橋英樹&小島瑠璃子が「日本有線大賞」の司会に決定

高橋英樹&小島瑠璃子が「日本有線大賞」の司会に決定

  • ニュースウォーカー
  • 更新日:2016/11/30
No image

「第49回日本有線大賞」の司会に抜てきされた高橋英樹と小島瑠璃子 (C)TBS

12月5日(月)夜7時からTBS系で放送される「第49回 日本有線大賞」の司会に、高橋英樹と小島瑠璃子が決定した。

11月28日、同局で二人の囲み取材が行われ、今回の司会に対する意気込みなどを語ってもらった。

――司会に抜てきされた時のお気持ちを教えてください。

高橋:僕はこういう仕事に就いて何年もたちますけど、初めての大役を頂きまして逆に戸惑っているというか…。今、心臓がドキドキしています。アーティストの皆さんの良いところなど、引き出せるように頑張りたいと思います。

小島:今回で第49回ということで、私の年齢ダブルスコア以上の歴史がある番組です。非常にうれしい反面、高橋さんと一緒でプレッシャーもあります。そのプレッシャーをプラスに変えられればいいなと思っています。

今日は、英樹さんと一緒にコメント録りなどのお仕事をさせていただいたんですけど、本当にあったかくて頼りになって、そしてやっぱり声がすてきだなと思いました。英樹さんと一緒にお仕事させていただく喜びも感じています。

――お互いの印象をお聞かせください。

高橋:非常にシャープでとにかく私は安心しています。任せておけば、何でもフォローしてもらえるかなと思いますし、とても多才な人なのでね。

小島:英樹さんはもちろん、(娘の高橋)真麻さんにもお世話になったことがあるんですよね。私は真麻さんが本当にうらやましいと思うんです。お二人ともすごく仲が良くて。真麻さんは悩んだ時、いつも言葉をくれるのはお父さんだとおっしゃっていて。その中で私の心にも残る英樹さんの言葉があって…。仕事をする上で、私もそれをキーワードにして仕事させてもらっているんです。なので私の座右の銘は、英樹さんが真麻さんに言った言葉なんです(笑)。

――ご自身にとっての“今年一番の一曲”をお聞かせください。

高橋:一番簡単な、ピコ太郎かな(笑)。すぐ覚えられますからね。最近私も覚えられる歌がなかなかないんですよ。歌詞を読んでいても忘れてしまうものや、難しいものが多くて。その中でも圧倒的に覚えやすいです。

小島:私は今年初めてドラマ(TBSほか「コック警部の晩餐会」)をやらせてもらったんですけど、その主題歌の「BANQUET」(歌・HARUHI)という曲ですね。やっぱり自分が出たドラマに音がつくのが面白くて…。最近はその曲にハマっています。

――今年の出演者の中で注目している方はいらっしゃいますか?

高橋:AKB48さんはずっと出られているけど、全員がそろってパフォーマンスするのはあまり見ることがないので、見てみたいなと思います。

小島:桐谷健太さんですね。“浦島太郎”としてCMで話題になって…。CMを初めて見た時、すごく引きつけられたんですよね。「すごく桐谷さんに合ってるなぁ」と思ったら、オリジナル曲で。そこから配信が始まって、どんどんヒットが広まっていったじゃないですか。こんな形で音楽が広がっていくんだなぁって。歌も大好きなので、ご本人の歌声を聴けるのが楽しみです!

大賞候補となる「有線音楽優秀賞」にはAKB48、大月みやこ、JUJU、西内まりや、西野カナ、氷川きよし、水森かおり、三山ひろしら8組が選ばれた。また、「新人賞」はエドアルド、林部智史、ふわふわが受賞。

「有線大衆賞」には、市川由紀乃が選ばれ、「有線話題賞」にはRADIO FISHの「PERFECT HUMAN」と、世界的にも話題となったピコ太郎の「PPAP」(ペンパナッポーアッポーペン)が受賞した。

「特別賞」には、浦島太郎(桐谷健太)の「海の声」と、THE YELLOW MONKEYが選ばれた。

「日本有線大賞」は、'68年に始まった年末の音楽賞レースの1つで、全国の有線放送で最も支持された楽曲やアーティストに与えられる賞。'16年の栄冠は、果たして誰に輝くのか?

なお、大賞発表の模様は、12月5日(月)夜7時からTBS系で生放送される。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【逃げ恥】吉本新喜劇が披露した『恋ダンス』のクオリティが高すぎると話題! ネットの声「本家より好きかも」「ガッキーに見えてきた」
坂上忍も絶句!ASKAの次に注目される薬物疑惑タレントは芸人と元アナ!?
星野源『逃げ恥』着用シャツが注文15倍増「“キムタク着用”の売れ方とは違う」
高須院長の“ラーメンの食べ方”に衝撃走る
高橋ジョージ「新事実」発言で、三船美佳への批判強まる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加