国民的美少女・井本彩花、デビューはドクターX「度胸があるとは言われます」

国民的美少女・井本彩花、デビューはドクターX「度胸があるとは言われます」

  • THE PAGE
  • 更新日:2017/12/12

8月に行われたオスカープロモーション「第15回全日本国民的美少女コンテスト」でグランプリに輝いた井本彩花は10月で14歳になったばかりの中学2年生。新幹線で2時間半、地元・京都と東京を行き来しながらレッスンに通っている。

No image

井本彩花(撮影:志和浩司)

「以前にも、何回かは東京に遊びにきました。原宿とか。建物がすべて大きくて、迫力がある感じ。東京の食べ物ですか? 初めて食べて美味しかったのはコメダ珈琲店のシロノワール」

あれはもともと名古屋のお店なんだよね、と教えてあげると「あ! そうだったんですか」と白い歯がこぼれた。自分の性格を、「負けず嫌いで結構サバサバしている感じで、でもどっかが抜けてる感じなんです。エクレアをなぜかアクレアって言ってしまったりとか」と笑う。その自己分析通り、ほんのちょっぴりなのだけれどズレてしまうところが、不思議な魅力をかもし出している。

同じ事務所の武井咲に憧れて

No image

井本彩花(撮影:志和浩司)

米倉涼子、上戸彩、武井咲ら多くのスターを輩出してきた名門コンテストでグランプリ。地元の友達から祝福のLINEが200件以上も届いたという。

「女優さんになりたいんです。武井咲さんのイオンのCMがきっかけで、私もテレビに出てみたいなと思いました。笑顔が素敵だし、すごいきれい。私もこんなきれいな女性になれたらいいな、って」

あこがれの武井と初めて会ったのが、コンテストのときだったそう。

「『おめでとう、これからもがんばって』って言ってくださって、すごい嬉しかったです」

レッスンの日々が始まった。

「受賞者のみんなとレッスンで一緒になるんですけど、ライバルだから、がんばって一番になろうっていう気持ちはあります。演技、ウォーキング、歌やダンス……勉強することだらけです」

負けず嫌いの本領発揮か。学校の勉強との両立も課題だ。

「もうすぐテストなんですけど、ぜんぜん勉強できていないから、ちょっと焦り始めています。学校に行けなかった日は友達がノートを写真に撮ってくれて、それを写しています」

家族も、友達も、全面的に応援してくれている。京都では、どんな生活を送っているのだろうか。

「最近では、夏に祇園祭に行ってきました。人でいっぱい。浴衣を着たかったんですけど、持っていないので普段着で。普段、何もしなくていいときは寝ています(笑)。寝ることと食べることが好きなんです。京都も美味しいものがたくさんあって、私は錦市場の玄関口にある漬物屋さんのきゅうりの一本漬けが大好きなんですよ。浅漬けのきゅうりが串に刺さってて……」

食べ物の話題になると、しばらくとまらない。そんな様子が、無邪気でかわいい。休日は、家族とショッピングに出かけることもあるとか。

「京都だとUSJや四条河原町に遊びに行く子が多いと思うんですけど、私、USJは行ったことなくて。隣なのになんで行かないんだろうって思うんですけど(笑)」

デビューは米倉涼子の「ドクターX」 患者のバレエ少女役

No image

井本彩花(撮影:志和浩司)

あどけない笑顔を見せる彼女だが、7日放送のドラマで念願の女優デビューとなる。事務所の大先輩である米倉主演の連ドラ「ドクターX~外科医・大門未知子〜」(テレビ朝日系)第9話にゲスト出演。患者となるバレエ少女役だ。

「米倉さんはすごいかっこいい存在で、すごいやさしい方でした。大門未知子という役柄そのままみたいな感じで、輝いてました」

実際に小学校1年生のときクラシックバレエを始めた。そのせいもあるのだろうか、舞台度胸はバツグンだ。美少女コンテストのときも終始堂々としていたが、緊張に強いという。

「度胸があるとはよく言われます。人前に立ってドキドキしたりとか、あまりないです。コンテストのときも舞台裏では緊張しても、いったん舞台に出たら緊張はしなかった。いつもドキドキしてるんですけど、それが表には出ないんです」

No image

井本彩花(撮影:志和浩司)

今後やってみたい役は、等身大の役だという。

「まだ中学生なので、学園モノのドラマとかに出て、すごい元気なワチャワチャした生徒役をやりたいです」

いま一番楽しいことを聞くと、「やっぱり寝てるときと食べてるときが、なんにも考えなくていいので楽しいです」と笑う。

「自分では料理はなにもできないんですよ。でも、お母さんの料理が本当に美味しいです。和食派か洋食派かといわれれば、和食派かもしれません。ごはんとお味噌汁が一番好きです。それさえあれば生きていけます」

最後は、再び食べ物の話に戻ってしまった。

京都と東京、これまでの自分とこれからの自分を行き来しながら、まだ何色にも染まっていない美少女はどんな輝きを放つ女優になっていくのだろうか。

(取材・文・撮影:志和浩司)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
紅蘭、自宅バレの“原因”に鬼ギレ
「完全に主夫」「嫁の印税で食べてる」「勝ち組」......芸能界“ヒモ”と呼ばれるタレントは?
“自身最大露出”でタレント人生第二章 山崎真実、初濡れ場を披露
2017年一番売れたカラダ 小倉優香の黄金ボディを堪能
かつて「世界一美しい少女」と呼ばれた6才児 → 10年後にこうなった / 再び「世界で最も美しい顏」に! ティラーヌ・ブロンドーさん(16)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加