甲府の苦難を知る“ミスター・ヴァンフォーレ”が現役引退。1度も移籍せず17年在籍

甲府の苦難を知る“ミスター・ヴァンフォーレ”が現役引退。1度も移籍せず17年在籍

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2017/10/12
No image

ヴァンフォーレ甲府に所属する石原克哉【写真:Getty Images for DAZN】

J1リーグのヴァンフォーレ甲府が12日、39歳のMF石原克哉が今季限りで現役引退することを発表した。15日の17時から「引退会見」を行うことも伝えている。

石原は順天堂大学を経て2001年に甲府に加入。当時J2にいた甲府は債務超過が発覚しチーム存続の危機に直面する“苦難”の時を過ごしていた。その後、様々な問題を乗り越え経営危機問題は終息。

2005年にJ1昇格を成し遂げ、石原は次のシーズン主力に定着し33試合に出場した。1度も移籍することはなく、今日まで17年間甲府一筋でプレーを続けている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
大食い王“もえあず脱落”に不満続出「ちょっと不平等」
ネイマール退場後にカバーニFK弾...マルセイユ対PSGは劇的ドロー、酒井はフル出場
希望・小池代表 パリで敗戦の弁 「排除発言」で失速
マンジュキッチ退場後に4ゴール! ケディラ3発のユーヴェがウディネーゼ撃破
川崎F谷口は「顔もプレーも弱点なし」と同僚も白旗
  • このエントリーをはてなブックマークに追加