鳥栖がフィッカデンティ監督と契約更新「プロジェクトをさらに先に進めるために」

鳥栖がフィッカデンティ監督と契約更新「プロジェクトをさらに先に進めるために」

  • ゲキサカ
  • 更新日:2018/01/13
No image

サガン鳥栖は13日、マッシモ・フィッカデンティ監督(50)と2018年シーズンの契約を更新したことを発表した。

フィッカデンティ監督は2014年に来日し、FC東京を2年間にわたって指揮。鳥栖の監督は2016年から務めており、今季は就任3年目のシーズンとなる。

クラブ公式サイトを通じ、「この2年間、常に最大のサポートと強い信頼を与え続けて下さった竹原社長と共に、就任当初から掲げている『鳥栖が頂に』というプロジェクトをさらに先に進めていくために、3年目となる2018シーズンもこのチームをより高い位置に導くとゆう強い決意を持って取り組みます。サガン鳥栖を愛する皆さま、共に戦いましょう!」とコメントした。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ

●2018年Jリーグ移籍情報

●2018シーズン新体制&背番号一覧

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
愛称募集中の森薗・伊藤組 呼吸ピッタリ 大会2連覇中の田添・前田組を撃破!
千葉MF仲村がYS横浜にレンタル→完全移籍
神戸 1・17の誓い「ACLに出る」 7年ぶり「震災の日」始動
【TM・PSM日程&結果一覧】開幕に向け、トレーニングマッチが続々とスタート!
京都、18年の選手背番号を発表...阪南大から加入の重廣卓也が「8」に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加